このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第9回

動作確認後に再梱包して出荷:

アップルiPhone 3GS 韓国で9年ぶりに発売

2018年06月15日 17時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが2009年に発売したスマートフォンiPhone 3GSが、韓国で9年ぶりに再販売される。韓国メディアET Newsが6月13日に報じた。

 iPhone 3GSを発売するのは韓国MVNOのSKテリンク。商品は長期間倉庫に保存されていたため、動作確認後に再梱包して販売するという。新品なのか新古品なのか中古なのかは判断がわかれそうだ。

 なお、iPhone 3GSがサポートするのはiOS 6.1.6までのため、購入してもメインスマホとして利用するのは難しいそうだ。

 価格は4万4000ウォン(約4457円)で、購入にはMVNOとの契約が必要。ただしプランに縛りはないため、契約後すぐに解約することもできるとある。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中