このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第7回

バッテリー消費や負荷を問題視:

アップル iPhoneで仮想通貨の採掘を禁止

2018年06月13日 15時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが「App Store審査ガイドライン」を6月11日に更新し、ビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)の採掘(マイニング)を禁止したことがわかった。

 更新されたガイドラインは「2.4.2」と「3.1.5(b)暗号通貨」の2項。

 2.4.2には「表示されるサードパーティの広告をふくめて、アプリ上で仮想通貨の採掘など無関係のバックグラウンドプロセスの実行」を禁止することが追加された。

 3.1.5(b)暗号通貨は細分化され、アプリそのものでも仮想通貨の採掘を禁止することが明記された。

 iPhoneなどのスマートフォンデバイスで仮想通貨の採掘を行った場合、バッテリーの消費が激しくなったり、本体がかなり発熱したりすることが確認されている。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中