このページの本文へ

Apple Watchの便利な使い方第2回

データを消さずに引っ越す方法

Apple Watchの買い換えも安心! モバイルSuicaの引っ越し術

2018年06月05日 12時00分更新

文● すずまり 編集●飯島恵里子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Apple Watchを新しいモデルに買い換えたら、中のSuicaも新しいApple Watchにお引っ越ししましょう。

 Suicaの引っ越しで気をつけたいのは1点。お財布を変えるとき、中のお金をいったん取り出すのと同じく、新しいApple Watchに切り替える前に、古いApple Watchで使っていたSuicaを一旦端末内から削除して、iCloudサーバへ待避させること。

 その後、新しいApple WatchをiPhoneとペアリングしたら、サーバ上のSuicaをもう一度iPhoneのWalletに戻し、iPhoneからApple WatchにSuicaを転送します。こうすることで安心かつスムーズに引っ越し作業を進められます。

(1)Apple WatchのSuicaを削除しよう

iPhoneの「Watch」アプリを起動「WalletとApple Pay」をタップ「WATCH上のカード」の「My Suica」をタップ
カード情報が開いたら、画面をそのまま下にスクロール「カードを削除」をタップさらに「削除」をタップ。デバイス上から削除するだけで、データがすべて消えるわけではないので安心してください

(2)続いて新しいApple WatchをiPhoneとペアリングする

(3)サーバ上のSuicaをiPhoneに戻す

iPhoneの「設定」を開き、「WalletとApple Pay」をタップ「カードを追加」をタップ「続ける」をタップ
「カードの種類」で「Suica」を選択サーバに退避させたカードであることを確認して「次へ」をタップサーバに退避させたカードがふたたび追加されました

(4)iPhoneからApple WatchにSuicaを転送する

iPhoneの「Watch」アプリを起動し、「IPHONE上のほかのカード」でApple Watch用のカードの[追加]をタップカードの転送が行われ、エクスプレスカードとして設定されます「WATCH上のカード」に追加されたことを確認できれば引っ越し完了
Apple Watch側でもメッセージが表示されます

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中