このページの本文へ

Apple Watchの便利な使い方第15回

iPhoneを機種変更する前に!

Apple Watchを新しいiPhoneに変更するとき注意すること

2018年09月08日 12時00分更新

文● すずまり 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 新しいiPhoneの噂が増える季節は、機種変更を考え始めるシーズンでもあります。でも、Apple Watchを使っているなら、iPhoneの機種変更のための準備が必要です。

 やることは2つ。モバイルSuicaの削除と、ペアリングの解除です。

 まず、もしモバイルSuicaを利用しているなら、必ずApple Watchから削除しておきましょう。削除しても新しいiPhoneとペアリングが完了したらiPhoneの「Wallet」で復元し、再度Apple Watchに追加できます。

 続いて、機種変更前のiPhoneとApple Watchのペアリングを解除します。ペアリングを解除すると、Apple Watchはリセットされて工場出荷時の状態に戻ります。

 しかし、先にペアリング解除操作をしておくと、iPhoneのバックアップデータ内にApple Watchのバックアップが新たに作成されるため、それを使ってApple Watchを復元できるというメリットがあります。

 古いiPhoneをiCloudやiTunesにバックアップし、新しいiPhoneをそのバックアップデータから復元すれば、Apple Watchをペアリングし直したときに、以前の設定で復元できるようになるというわけです。ですから、このとき2つをできるだけ近づけておくこともポイントです。

 ちなみに万が一ペアリング解除を忘れて、古いiPhoneを手放しても、AppleWatch本体でリセットすれば使い続けられます。しかし、iPhoneをバックアップする前にApple Watchもバックアップしておけば一番安心ですね。

●Apple WatchからSuicaを削除する

iPhoneのWatchアプリをタップして起動するWatchアプリの「WalletとApple Pay」から解除したいSuicaを選択

①iPhoneでWatchアプリを起動し、「WalletとApple Pay」をタップします
②「WATCH上のカード」一覧から、解除したいSuicaを選択します

カード削除メニュー削除前の確認画面。残高が残っていると、アラートが表示される

③「カードを削除」をタップします
④確認画面が表示されたら、改めて「削除」をタップします

●iPhoneとのペアリングを解除する

iPhoneのWatchアプリ選択されたApple Watchの(i)マークをタップする

①iPhoneのWatchアプリを開き、解除したいApple Watchを選択します
②(i)マークをタップします


ペアリング削除メニュー解除の確認画面

③「Apple Watchとのペアリングを解除」をタップします
④確認画面で改めて解除をタップします


モバイル通信プランの選択画面Apple IDのパスワード入力画面ペアリング解除中の画面

⑤Apple Watchがセルラーモデルの場合、モバイル通信プランの保持か削除を選択します
⑥Apple IDパスワードを入力します
⑦Apple Watchのペアリング解除がスタートします

 Apple Watch Series 3のセルラーモデルをご利用の場合は、モバイル通信プランを削除するかどうか聞かれます。目的に合わせて保持か削除を選びましょう。


※この記事は、Apple Watch Series 3 セルラーモデル(watchOS 4.3.2)、iPhone X(iOS 11.4.1)で検証して作成しています。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中