このページの本文へ

Apple Watchの便利な使い方第18回

手首をあげてApple Watchに話しかけるだけ

【watchOS 5新機能】Apple Watchで「Hey Siri!」不要に!

2018年10月05日 12時00分更新

文● すずまり 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Apple Watch Series 4だけでなく、第1世代のApple Watchを除くApple Watch Series 1からのSeries 4で利用できる最新OS「watchOS 5」。iOS 12以降を搭載したiPhone 5s以降に、対応しています。

 これまでApple WatchでSiriを利用するときは「Hey Siri!」と呼びかけるか、Digital Crownを押さなくてはいけませんでした。しかし、watchOS 5にアップデートしたApple Watch Series 3と、新発売のSeries 4なら、手首をあげて本体を口元まで近づけて話しかけるだけで、Siriが起動するようになりました。

 設定は、Apple Watchの設定で「手首を上げて話す」をオンにするだけです。「Hey Siri」の設定はオンのままでも、「手首を上げて話す」がオンなら、口元で話しかけるときは「Hey Siri」の呼びかけが不要で利用できます。

 ちなみにコツはApple Watchのマイクを、できるだけ口元に近づけること。距離は5cm程度がいいようです。さりげない声で利用できるところがポイント。

 「Hey Siri」と呼びかけてからSiriが起動するまでの時間が短縮できるので、iPhoneを持っていない状態でのタイマーやアラームのセット、天気や時間の確認、急いで誰かにメッセージを送りたいとき、電話をかけたいときなどに便利です。

●「手首を上げて話す」の設定方法

①Apple Watchの「設定」を開きます
②設定の「一般」を選択します
③「一般」の中の「Siri」を開きます

④「手首を上げて話す」をオンにします
⑤設定が終わったら口元に近づけてSiriに話しかけます

 認識されれば「ご用件は何でしょう?」と表示されます。


※この記事は、Apple Watch Series 3 セルラーモデル(watchOS 5.0.1)、iPhone X(iOS 12.0)で検証して作成しています。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中