このページの本文へ

アップル、iOS 12を発表 高速化やアバターが作れる「Memoji」に注目

2018年06月05日 05時00分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは、開発者向けイベント「WWDC 2018」で、次期iOSとなる「iOS 12」を発表した。対応デバイスはiOS 11と同じでiPhone 5s以降などのiOSデバイスで動作。アプリ起動で40%、キーボード表示で50%、カメラ起動で70%と高速化を実現しているという。

 新機能としては「写真」アプリにおける検索機能の強化のほか、Siriでは「Shortcut」と呼ばれる、あらかじめ設定しておいた処理を特定のフレーズで実行する機能が追加された。

 また、スマートフォンの使いすぎ問題への対応もアピールしており、起きたときに大量の通知を表示するのを防ぐほか、アプリ単位で利用時間を表示・制限する機能などが用意されている。また、子供に手渡すiOSデバイス向けに親が簡単に利用制限を設定できるようになった。

 注目の新機能は「Memoji」。これは従来のAnimojiを発展させて、自分のアバターを作れるというもので、作成したMemojiは自分の顔にオーバーレイして自撮りしたり、Facetimeでのビデオ通話などにも利用できる。また、Facetime自体もグループ通話に対応したのが大きな進化点となる。

 アップルのARプラットフォームであるARKitも2.0にバージョンアップ。カメラに写るオブジェクトのサイズを測定したり、複数のiOSデバイスで同時にARの世界を共有できる機能が追加されている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中