このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

【6月の劇場アニメ】バットマンが日本の戦国時代に!? 「ニンジャバットマン」ほか6作品が上映!

2018年05月26日 16時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月に映画館で上映される、劇場公開アニメは6作品。バットマンが日本の戦国時代にタイムスリップする『ニンジャバットマン』は中島かずき脚本の注目作。ほかにも『PEACE MAKER 鐵』や『曇天に笑う<外伝>』など、時代劇作品が集中!

2018年6月劇場アニメ一覧
(タイトルをクリックすると各アニメの紹介記事にジャンプします)

日本が世界に放つ、戦国タイムスリップ・アクション・エンターテイメント!
「ニンジャバットマン」

作品解説
現代の犯罪都市ゴッサムシティの悪党たちがタイムスリップし、群雄割拠する戦国時代の日本。
戦国大名となった悪党たちがこのまま自由に暴れ続ければ、日本だけでなく世界の歴史すらも変わってしまう!
絶望的な乱世で、現代テクノロジーからも切り離されてしまったヒーローは、世紀の歴史改変を阻止することができるのか?
日本と世界の未来をかけた、時空を超えた壮大なバトルの行方は!?

日本が世界に放つ、戦国タイムスリップ・アクションエンターテイメントがついに開幕!

スタッフ
監督:水﨑淳平
脚本:中島かずき
キャラクターデザイン:岡崎能士
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:神風動画
パート監督:高木真司、山元隼一、森田修平
絵コンテ:ロマのフ比嘉、山元隼一、森田修平
メカデザイン:曽野由大、桟敷大祐、岡崎能士、権瓶 彰、荒牧伸志
コンセプトアート:鈴木 理
イメージボード:木﨑文智、JOOYO Chang
CGI監督:澤田覚史、水野貴信
チーフモデラー:石川優希
チーフロボモデラー:権瓶 彰
アニメーションチーフ:坂本隆輔、吉野功一
テクスチャチーフ:齋藤弘光
色彩設計:木村聡子
美術監督:野村正信
編集:廣瀬清志(eDiTz)
コンポジットディレクター:先名美帆
音響監督:岩浪美和
音響効果:小山恭正
設定考証:堺三保
アニメーションプロデューサー:里見哲朗
制作プロデューサー:清水一達
制作協力:LAPIZ, Inc.、スタジオカラー
アニメーション制作:神風動画、YAMATOWORKS
配給:ワーナー ブラザース ジャパン合同会社

キャスト
バットマン:山寺宏一
ジョーカー:高木 渉
キャットウーマン:加隈亜衣
ハーレイ・クイン:釘宮理恵
ゴリラグロッド:子安武人
ポイズン・アイビー:田中敦子
デスストローク:諏訪部順一
ペンギン:チョー
トゥーフェイス:森川智之
ベイン:三宅健太
ロビン:梶 裕貴
レッドロビン:河西健吾
ナイトウィング:小野大輔
レッドフード:石田 彰
アルフレッド:大塚芳忠

上映情報
6月15日(金)新宿ピカデリー他ロードショー

公式サイトURL http://wwws.warnerbros.co.jp/batman-ninja/
Twitterアカウント @batmanninja2018

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ

デル株式会社