このページの本文へ

プリンストンが販売する高機能ストレージ「Drobo」を活用しよう

初心者にこそ使ってほしい!

大切なデータの保存に役立つ「Drobo 5C」をゼロから紹介!

2018年06月05日 11時00分更新

文● 山口優、編集 ●金子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Drobo 5Cのセットアップは想像以上に簡単!

 今回、プリンストンから「Drobo 5C」を貸し出してもらうことができたので、ここでは実際にセットアップして使い始めるまでの流れを紹介する。

 その前に、まずパッケージから製品を取り出しておこう。パッケージの中にはケーブルや書類などの付属品と、専用のバッグに入った本体が収められている。

 「Drobo 5C」の導入方法は、同梱のクイックセットアップガイドに画像と日本語解説で丁寧に説明されているので、それにしたがって進めていけばスムーズに行える。必要な作業は、次の5ステップだけだ。

1:Drobo Dashboardのダウンロード
2:Drobo Dashboardのインストール
3:ディスクドライブの取り付け
4:配線と電源投入
5:フォーマット

パッケージには、ケーブルや書類などの付属品が収められた箱が入っている
「Drobo 5C」本体と専用のバッグ。パッケージにはバッグに入った状態で収められている
同梱のクイックセットアップガイド。画像入りで手順が丁寧に紹介されている。説明はきちんと日本語化されている。

Drobo Dashboardのダウンロードとインストール

 「Drobo Dashboard」は、「Drobo 5C」の初期化や管理などを行うためのユーティリティだ。製品パッケージにソフトウェアが収録されたCD-ROMなどは同梱されていないので、「Drobo 5C」を使用するPCやMacで直接、米Drobo社のWebページ「http://www.drobo.com/docs/」から最新バージョン(執筆時は3.2.0)をダウンロードしよう。

 上記URLにアクセスすると英語のページが表示されるが、心配はいらない。Droboの製品群の画像が表示されるので、その中から「Drobo 5C」のイラストをクリックする。すると、「Drobo Dashboard」のWindows版とMac版のダウンロードリンクが表示されるので、自分の環境にあった方をクリックしてダウンロードする。

 あとは、ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックして、インストールウィザードの指示にしたがって進めていけば完了だ。

米Drobo社のWebページにアクセスし、「Drobo 5C」のイラストをクリックする
Mac版またはWindows版の「Drobo Dashboard」をクリックしてダウンロードする
Windows版の「Drobo Dashboard」のインストーラー。画面の指示にしたがって進めていけばOK
Mac版の「Drobo Dashboard」のインストーラー。Mac版はインストール完了後に再起動が必要になる


 

(次ページ、「ドライブは差し込むだけで装着できツールも不要」に続く)

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ