このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

myrmecoleonの「グラフで見るニコニコ動画 第2期」第23回

pixivとニコ動で2018年1月期アニメを振り返る

冬アニメ二次創作状況まとめ 刀剣・ポプテにゆるキャン△が人気

2018年04月19日 18時00分更新

文● myrmecoleon 編集●村山剛史/アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

この連載では、独自に収集したデータを使って、みんな知ってるようで知らないニコニコ動画やpixivの現在を紹介していきます。連載一覧→第2期第1期

冬アニメ二次創作状況の振り返り。今回トップになったのは……?

安定した人気の刀剣乱舞 話題をさらったポプテピピック
2018年1月期アニメを振り返る

 恒例のテレビアニメの二次創作調査ですが、今回より3ヵ月の放送を終えた前期のアニメを振り返るかたちとなりました。今回調査したのは2018年1月開始のテレビアニメ以下46タイトル。

今回調査対象とした2018年1月開始のテレビアニメ 46タイトル(50音順)
アイドリッシュセブン 伊藤潤二『コレクション』 ヴァイオレット・エヴァーガーデン
宇宙よりも遠い場所 オーバーロードII カードキャプター さくら クリアカード編
怪獣娘 ~ウルトラ怪獣擬人化計画~ 学園ベビーシッターズ からかい上手の高木さん
キリングバイツ 銀魂 銀ノ魂篇 gdメン gdgd men's party
グランクレスト戦記 剣王朝 恋は雨上がりのように
刻刻 斉木楠雄のΨ難 サンリオ男子
citrus 新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION スロウスタート
続 刀剣乱舞-花丸- ダーリン・イン・ザ・フランキス だがしかし2
たくのみ。 ダメプリ ANIME CARAVAN デスマーチからはじまる異世界狂想曲
刀使ノ巫女 七つの大罪 戒めの復活 博多豚骨ラーメンズ
覇穹 封神演義 ハクメイとミコチ バジリスク 桜花忍法帖
働くお兄さん! BEATLESS 一人之下2 the outcast 羅天大醮篇
Fate/EXTRA Last Encore ポチっと発明 ピカちんキット ポプテピピック
ミイラの飼い方 三ツ星カラーズ メルヘン・メドヘン
ゆるキャン△ 弱虫ペダル GLORY LINE ラーメン大好き小泉さん
りゅうおうのおしごと!

 タグを参考に上記タイトル関連のニコニコ動画・pixivの投稿データを収集し、複数のタグ(表記揺れ・海外タグ・腐向けタグ等)を名寄せして各作品関連の投稿をカウントしています。1月1日以降の投稿作品のデータを4月1日朝に収集。またニコ動・pixivのどちらかで1件も投稿作品が確認できなかった作品は上記リストから除外しています。

 なおこの調査の趣旨は日本で二次創作の題材とされやすい新作テレビアニメについて、ニコ動・pixivにおける活動の活発さを動画・イラストの投稿数から見ることで、二次創作と親和性の高いコミュニティの中での各テレビアニメ作品のインパクトやファン層の規模を測るものです。この結果は各アニメ作品の面白さ・クオリティとは直接関係がありませんし、関連商品の売上と直結するものでもありません。ご注意ください。

 1月アニメではニコ動・pixivともに原作ゲームが安定して人気の高い「続 刀剣乱舞-花丸-」がトップ。次いでいろいろ話題となった「ポプテピピック」が2番手につきました。

 以下ニコ動では「ゆるキャン△」「オーバーロードII」「Fate/EXTRA Last Encore」、pixivでは「ダーリン・イン・ザ・フランキス」「アイドリッシュセブン」「銀魂 銀ノ魂篇」の投稿が目立ちました。特に「ゆるキャン△」は、このなかではニコ動・pixivともにバランスよく人気があります。

ニコニコ動画・pixivに投稿された各タイトル関連の作品投稿数。集計時までに削除された作品は除く。対象タイトルは上記。それぞれ作品を示す複数のタグを名寄せした作品数
各作品のニコニコ動画・pixivの投稿数を両対数軸のグラフにプロットしたもの。斜めの線は近似曲線で、およそこの線から右下がニコ動寄り、左上がpixiv寄りによく二次作品が投稿されているタイトル

2018年も堅実な人気の「刀剣乱舞」

 2015年開始・3周年を迎えたブラウザゲーム「刀剣乱舞」は継続して人気が高くダントツトップ。

 今回も放送前から投稿が多く、前回アニメ(連載2期19回)の頃と同様に、アニメ放送よりもゲーム内イベントや同人誌即売会、キャラの誕生日等のほうが投稿数に影響が大きいソシャゲ系人気タイトルに共通する傾向が見えます。

 ニコ動では今回もMMD動画が多数。キャラ別でpixivの投稿が多かったのは「鶴丸国永」「加州清光」「三日月宗近」など。「加州清光」は「続 刀剣乱舞-花丸-」でもメインとなる刀剣男士。

 R-18イラストは7%ほどで少なめ。投稿者は今回のタイトルで最も多く97%が女性。海外の投稿者は11%と少なめです。

アニメ「続 刀剣乱舞-花丸-」より第1話の公式配信動画。原作はDMM.com配信のブラウザーゲーム。歴史上の名刀などから生まれた刀剣男士たちの物語。アニメ化としては3度目。今回の「続 刀剣乱舞-花丸-」は連載2期15回で紹介した「刀剣乱舞-花丸-」の続編となります。
「続 刀剣乱舞-花丸-」関連のニコ動とpixivの1日ごとの作品投稿数の推移。ニコ動は左軸、pixivは右軸。pixiv3月中旬のピークは翌日の同人誌即売会合わせの投稿。ニコ動3月末のピークはニコ動で人気の高い「へし切長谷部」の国宝指定記念日でした

話題をさらった問題作「ポプテピピック」

 複数スタジオのオムニバス体制、まさかの再放送、毎回異なるポプ子とピピ美のCVなど何かと話題をさらった「ポプテピピック」。

 ニコ動・pixivでも多数の作品が投稿されました。もともと独特な人気のあった作品でしたが、アニメ化以降のブレイクで1月には刀剣乱舞に次ぐ位置に定着しました。慣れもあってか2月から3月上旬はやや落ち着きましたが、最終回のインパクトに再び増加しています。

 ニコ動ではMADが人気。ボカロカバーなども話題になりました。pixivで描かれるキャラはほぼ「ポプ子」「ピピ美」ですが、キャラ人気というより他作品イラストのポプテピピックネタが目立ちます

 R-18イラストは2%とほぼありません。投稿者は男女半々。海外の投稿者は2割ほどでした。

アニメ「ポプテピピック」より第1話の公式配信動画。原作は大川ぶくぶの同名のマンガ作品。ナンセンスギャグの原作のテイストをさらに膨らませた予想外の演出に視聴者を毎週驚かせました。
アニメ「ポプテピピック」主題歌「POP TEAM EPIC」の初音ミクによるカバー。伴奏も投稿者「hiropon_5th」による。原曲の歌も合成音声めいた加工で相性が良く、1月に投稿されたショート版とともに非常に人気が高かった。
「ポプテピピック」関連のニコ動とpixivの1日ごとの作品投稿数の推移。ニコ動は左軸、pixivは右軸。放送が土曜深夜で放送日と日曜が重なったため、ニコ動・pixivで類似したグラフとなった

キャンプや車載動画とも相性のよい「ゆるキャン△」

 今期健闘したのが「ゆるキャン△」。ニコ動では序盤から継続して三番手を維持。pixivでもじわじわ拡大し2月に上位につけました。3月中旬に若干落ちたものの最終回を迎えて大きく拡大しています。

 ニコ動では声優の演技が話題となったほか、聖地巡礼を兼ねたキャンプ動画などがよく投稿されていました。pixivではメインキャラの「志摩リン」「各務原なでしこ」の二人の投稿が多かった他、「犬山あおい」がR-18方面でブレイク。1月アニメでは最もR-18イラストの多かったキャラとなり、放送中盤の人気を牽引しました。

 このためR-18イラストは16.5%とやや高め。投稿者は男性が9割。海外の投稿者はこちらも2割ほどです。

アニメ「ゆるキャン△」より第1話の公式配信動画。原作はあfろの「まんがタイムきららフォワード」連載中の同名のマンガ作品。キャンプを楽しむ少女たちのゆるやかな時間に癒される作品。
投稿者「ぎょくろ」による車載動画。アニメ1話で登場した浩庵キャンプ場へのバイク車載&キャンプ動画。本人の音声としてゆっくり、同行者としてVOICEROID2の紲星あかりが使われている。このほか複数の聖地巡礼キャンプ動画が投稿されている。
「ゆるキャン△」関連のニコ動とpixivの1日ごとの作品投稿数の推移。ニコ動は左軸、pixivは右軸

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン