このページの本文へ

観光地や景勝地など、景観を損ねることなく基地局を建てられる

NTTドコモ、マンホール型基地局を試作

2018年04月11日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
マンホール型基地局

 NTTドコモは4月11日、マンホール型基地局を試作したと発表した。

 観光地や景勝地など周辺にアンテナ設置に適する場所がなく、景観を損ねないように基地局アンテナを設置するのが難しい場合や、人が集まりやすい場所での通信速度低下対策としてのマンホール型だという。

FDD-LTE、1.5GHz帯(BAND21)の基地局を収めている

 鉄製のマンホール蓋と同等の耐荷重規格を満たす樹脂製マンホール蓋を用いて試作し、3月6日より北海道札幌市で実証実験を実施した結果、想定どおりの半径90m程度のサービスエリアを確保できることを確認。また、マンホールの上でも電波強度の安全性を確保した設計を検討しているという。

 さらに引き続き、高負荷環境や高温多湿環境、降雨の多い環境での利用条件を満たすかどうか、東京都内や沖縄県で実験を行なうとしている。

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』