このページの本文へ

各種企業への導入で培ったノウハウでビジネスを成長

日立ソリューションズ・クリエイト、顧客の業務をAIで支援する「AIプラス」

2018年03月06日 16時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「AIプラス」のイメージ図

 日立ソリューションズ・クリエイトは3月6日、顧客の業務システムにAIをプラスする新コンセプト「AIプラス」を発表した。

 これまで「基幹業務」や「システム化が困難で手作業や外注に頼っていた業務」にAIをプラスすることで着実に業務の自動化、効率化を支援するというAI導入ソリューション。AIは活用していくことでその精度が上がり、顧客のビジネスとともに成長していくというコンセプトで展開するという。

 同社では2016年からAI専任組織をスタートさせ、企業への導入でノウハウを蓄積しており、「AIチャレンジコンテスト」(人工知能技術戦略会議、内閣府、文部科学省主催)全部門で入賞するなどの実績を持つ。同社では、さらに社内のAI技術者を2020年までに1000人育成する目標を掲げて体制強化を図るとしている。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!