このページの本文へ

第14世代「Dell EMC PowerEdge」サーバー拡充、AMD EPYC搭載サーバー3モデル

2018年02月08日 17時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デルとEMCジャパンは2月7日、第14世代「Dell EMC PowerEdge」サーバーポートフォリオを拡大するラインアップとして「Dell EMC PowerEdge R6415」「Dell EMC PowerEdge R7415」「Dell EMC PowerEdge R7425」を発売した。

 いずれもAMDのEPYCプロセッサーを搭載したプラットフォームで、ソフトウェア デファインド ストレージ用途やエッジサーバー、HPC(ハイ パフォーマンス コンピューティング)などに最適としている。

 R6415は1Uラック型の1ソケットサーバーで、最大10本のPCIe NVMe SSDと2TBのメモリーを搭載できる。価格は73万620円。

 R7415は2Uラック型の1ソケットサーバーで、最大24本のNVMe SSDと2TBのメモリーを搭載できる。業界最初だというAMD EPYCベースVMware vSAN Ready Nodes認証モデル。価格は79万4988円。

 R7425は2Uラック型の2ソケットサーバーで、最大24本のNVMe SSDと4TBのメモリーを搭載できる。従来の一般的な同等マシンと比べてコンテナ、ハイパーバイザー、仮想マシン、クラウドコンピューティングの各分野で最大24%優れたパフォーマンスを記録したほか、HPCでは流体解析の絶対性能で最大25%の性能向上を記録したという。価格は98万4744円。

カテゴリートップへ

ピックアップ