このページの本文へ

1Uサイズのシングルソケット機

ヤフー「PowerEdge R6415」導入、日本のISPで初のEPYCユーザーに

2018年04月04日 15時15分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDは4月4日、ヤフーがDell EMC「PowerEdge R6415」サーバーを導入したと発表した。

 PowerEdge R6415はAMDのサーバー向けCPU「EPYC 7551P」プロセッサーを搭載する1Uサイズのシングルソケット・サーバー・ソリューション。最大で10枚のPCIe NVMe SSDと、2TBのメモリーを搭載できる。AMDによると、ヤフーがEPYC 7000リーズ・プロセッサーを導入する日本初のインターネット・サービス・プロバイダーだという。

カテゴリートップへ