このページの本文へ

スマートウォッチの便利な使い方 講座第4回

「あれっ、天気や音声検索が使えない!?」と慌てる前にアクセス権限をチェック

Android Wearスマートウォッチがうまく動かないときに確認することリスト

2018年01月26日 09時00分更新

文● 松下典子 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
現在地が表示できないときは、位置情報のアクセス権がオフになっているのかも。設定を確認しよう

 タッチスクリーン スマートウォッチの最大のメリットは、天気予報やルート案内、Google検索、電話をかける、といったさまざまなアプリを手元から利用できること。これらのアプリは、時計の位置情報やGoogleアカウントの連絡先といった情報を使っており、セットアップの際には、「この端末の位置情報へのアクセスを許可しますか?」などと尋ねられます。

「アクセスを許可しますか?」と表示されたら???

 うかつに許可すると個人情報が流出してしまうのではないか、という不安から、つい「許可しない」を選びたくなりますよね。

 しかし、必要なアクセス権がないと、アプリが使えなくなってしまいます。うまく動かないときは、アプリの権限の設定を見直してみましょう。Android Wear 2.0以降では、手元の時計から簡単に設定できます。この記事ではフォッシルの「Q EXPLORIST」を使用していますが、スマートウォッチの種類やOSのバージョンによっては、若干仕様が異なることがあります。

自動で表示されないときは
「設定」→「アプリと通知」→「アプリの権限」を確認しよう

アプリの使用時に許可を促す表示がでたら「許可」をタップすれば、すぐに使えるようになる
自動で表示されないときは、画面を上から下にスワイプして、「設定」→「アプリと通知」→「アプリの権限」を開く

 ほとんどのアプリは、必要な権限が許可されていなければ、アプリの起動時に許可するかどうかの確認を表示してくれます。ここで「許可」を選択すればOK。もし表示されなければ、「設定」→「アプリと通知」→「アプリの権限」を確認してみましょう。

アプリを選択し、権限項目をオンにする。最初からインストールされているアプリの多くは「システムアプリ」の中にある。スクロールして該当のアプリを探そう

アプリに権限がなければ、Googleの権限をチェック

 「アプリの権限」から、該当アプリを選択しても権限の設定項目がないアプリもあります。これらは、GoogleやAndroid Wearなど、連携するアプリの位置情報や連絡先を利用しています。

●Googleの権限をチェックしよう!

天気予報を表示:「Google」→位置情報
マップで経路を探す:「マップ」→位置情報
電話をかける:「電話」→連絡先、「Google」→連絡先

 例えば、マップは、「マップ」アプリの権限から位置情報を許可しますが、天気予報は「Google」の「位置情報」を利用します。連絡先の相手に電話をかけるには、「電話」と「Google」の「連絡先」へのアクセス権限をオンにします。

音声入力を使うアプリは、マイクをオンに

 当然ながら、Googleの音声検索、Google翻訳といった音声入力を使うアプリは、「マイク」をオンにする必要があります。また、「OK, Google」でGoogleを呼び出せるようにするには、「設定」→「カスタマイズ」で「OK Google」の検出をオンにします。

音声検索が反応しないときは、「設定」→「アプリと通知」→「アプリの権限」→「システムアプリ」をたどり、「Google」のマイクをオンに。Google翻訳は、「翻訳」のマイクをオンにする

むやみな不許可はトラブルの原因になる

 基本的に機能にかかわる権限もあり、許可を停止すると、端末の動作が不安定になる場合もあります。これらの重要な権限を変更しようとすると、「この権限を許可しないと、お使いの端末の基本的な機能が意図されたとおりに動作しなくなる可能性があります」と表示されるので、特別な理由がない限りは「許可」にしておきましょう。

アプリの権限の変更時に、この表示がでたら、「許可」のままにしておくこと

●原則として許可しておくべき権限リスト

アプリ 権限
Android Wear マイク、位置情報、連絡先
電話 SMS、連絡先
Fit センサー、位置情報
Google マイク
Google Play ストア SMS

※リストが表示されない場合は、オリジナルサイトでご覧ください


カテゴリートップへ

この連載の記事