このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

スマートウォッチの便利な使い方 講座第14回

ウォーキングから本格的な運動までアクティビティトラッキング

スカーゲン心拍センサーとGPS搭載スマートウォッチ「Falster 2」でGoogle Fitを使おう

2019年01月23日 09時00分更新

文● 中山 智 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ウォッチフェイスから左にスワイプするとGoogle Fitに切り替わる

 スカーゲンの「Wear OS by Google」を搭載したスマートウォッチ「Falster 2」は、アクティビティトラッキングの機能として「Google Fit」が利用できます。Wear OS by Googleの最新版は、Google Fitとの連携が強化されたインターフェースになっているので、使いやすいのもポイント。たとえばウォッチフェイスを左方向にスワイプするだけで、Google Fitでの計測結果が表示されるようになっています。

初回起動時にはプロフィールを入力

初回起動時にパーソナルデータを入力しよう

 Google Fitの初回起動時には、設定のためパーソナルデータを入力する必要があります。といっても身長と体重、アクティビティの目標だけ。アクティビティの目標は標準設定でも特に問題はないので、そのままでオーケーです。

画面をスクロールさせて、数値を選ぶだけなのでカンタンアクティビティの目標はひとまず標準設定のままで問題なし

 設定が完了すれば、あとは自動で歩数などを計測してくれます。計測結果は青と緑のグラフで表示され、青が通常の運動で緑がハートポイント(強めの運動)の計測結果となっています。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事