このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

PUBG&VRも超快適!特大クーラーで冷却力もスゴイ、ZOTAC製「GTX 1070 Ti」レビュー

OCでも熱ダレはなし!

2018年01月26日 14時00分更新

文● 加藤勝明 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 OCなしでも十分速く、OCすればさらに快適……ということがわかったが、消費電力や熱は問題ないのだろうか? そこで最初にシステム全体の消費電力を測定してみた。システム起動10分後の安定値を“アイドル時”、3DMarkのTime Spyデモ実行中のピーク値を“高負荷時”とした場合の結果は次のようになった。

システム全体の消費電力

 定格状態ならGTX 1080のFounders Editionとほぼ同レベル、OCするとさすがに消費電力は増えるが、OCした以上妥当なレベルといえる。アイドル時の消費電力が増えているのは、電源周りの回路をFounders Editionよりも重厚にしたためだろう。

 続いてGPUの温度とクロックを「HWiNFO64」で追跡してみた。以下のグラフはアイドル状態で計測を始め「Assassin's Creed: Origins」のプレーを開始、そのままの状態で約30分放置しゲームを終了、アイドル状態で約10分放置した時のものとなる。

定格時におけるGPUクロックとGPU温度の推移
OC時におけるGPUクロックとGPU温度の推移

 冷却の甘いGeForce系ビデオカードの場合、ゲームを始めてしばらくするとクロックがフラフラ上下しながら低下することが多いが、GTX 1070 Ti AMP Extremeに関してはゲーム開始直後にわずかに落ちる(これはどのメーカーでも同じ)のみで、後は上下動すらせず安定している。

 その理由はGPU温度を見ると明らかだが、定格時はもちろんOC時でも58℃(室温は23℃)と、準ハイエンドクラスのGPUにしてはとても低い。3連ファン搭載の超大型クーラーの冷却性能は驚異的であるといえるだろう。

安いGTX 1080より高品質なGTX 1070Ti

 今回試したZOTAC製のGTX 1070Tiは巨大なキーラーがもたらす強烈な冷却性能と、OCの伸びしろ(Power Limit)の高さが魅力だが、そのぶん実売価格も7万5000円前後と高めで、製品によっては上位のGTX 1080の方が安価な場合もある。しかし、今GTX 1080は品薄傾向。GTX 1070 Ti AMP Extremeより安価なGTX 1080搭載カードは数えるほどしかない。

 また、ユーザーの手によるOCという前提条件はあるが、強烈なクーラーを搭載したGTX 1070 Ti AMP ExtremeはGTX 1080クラスのパワーが欲しい人にとっては、美味しい選択になっている。もっとPCゲームを快適に楽しみたいという人なら、まずZOTACの「GeForce GTX 1070 Ti AMP Extreme」から検討してみてはどうだろうか。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中