このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

PUBG&VRも超快適!特大クーラーで冷却力もスゴイ、ZOTAC製「GTX 1070 Ti」レビュー

2018年01月26日 14時00分更新

文● 加藤勝明 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 正式リリースを迎えた「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(PUBG)、VR世界にどっぷり浸かれる「Fallout4 VR」など、PCゲームは昨年から引き続きアツい。だがこうした人気PCゲームを快適に遊ぶには、まずパワーのあるビデオカードが必要だ。ミドルクラスのビデオカードでも画質を下げれば動くが、フルプライスのゲームを画質を下げて遊ぶというのは、なんとも納得がいかない話だ。

 では今どんなビデオカードを選べばよいかだが、ゲームを問わず安定してパフォーマンスが出て(対応ゲームでは)ハイライトシーンを自動録画保存する付加機能が楽しいGeForce系が良い。昨年まではコスパ的なベストバイはGTX 1070というのが定説だったが、どうせ買うなら1ランク上の「GTX 1070 Ti」に挑んでみてはどうだろう。

 GTX 1070 Tiは以前筆者が別記事(最新パーツ性能チェック 第222回)で解説したとおり、メーカーのファクトリーOC(オーバークロック)が封じられているおもしろいGPUだ。ユーザーの自己責任ならOCできるが、OCでどれだけ伸ばせるかはメーカーの味付けが決め手になる。

 そこで今回はMaxell世代以降エッジの効いた製品を出し続けてきたZOTACの「GTX 1070Ti」OC“向け”モデル「GeForce GTX 1070 Ti AMP Extreme(ZT-P10710B-10P)」の性能をチェックしてみた。

2.5スロット厚の超巨大クーラーを備えたZOTAC「GeForce GTX 1070 Ti AMP Extreme」。高負荷なPCゲームでも安定したパフォーマンスを引き出せる設計を武器とした製品だ。実売価格は7万5000円前後

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中