このページの本文へ

記憶した駐車場ならば簡単オートパーキング

日立、自宅駐車場を記憶する自動駐車技術「Park by Memory」を開発

2018年01月09日 19時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Park by Memory」

 日立オートモティブシステムズとクラリオンは1月9日、自宅駐車場の周辺環境を記憶する自動駐車技術「Park by Memory」を開発したと発表した。

 自動車を自律走行させて駐車する技術で、クラリオンの外界認識技術と日立オートモティブシステムズのステアリング、ブレーキなどのアクチュエーターおよび車両統合制御技術を連携させ実現。独自カメラシステムによる俯瞰映像とソナーによる周囲の検知、GPSによる位置情報を統合し、周辺環境と駐車パターンを記憶する。

 これにより、記憶した駐車場に近づくと自動駐車可能であることをドライバーに通知し、車内またはスマホアプリのボタンを押すだけで自動駐車するという。画像認識により、白線で区切られただけの駐車スペースをはじめ、さまざまな形状エリアでの任意の駐車スペースに自動駐車できるとしている。

 両社では、自動車メーカーなどへの提案を通じて早期実用化を目指すという。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!