このページの本文へ

IoTを使い、空き駐車場を手軽なパーキング施設に

ソフトバンク、IoTを活用してパーキングシェアリング事業に参入

2018年04月06日 18時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パーキングシェアリングサービスのイメージ

 ソフトバンクは4月5日、IoTプラットフォームを活用したパーキングシェアリングサービスを発表。夏頃から順次開始する。

 個人や法人が所有する空き駐車場と、駐車場を利用したいドライバーをマッチングするサービス。空き駐車場所有者がこれまで以上に手軽に貸し出しできるように、従来の駐車場用機器よりも高性能かつシンプルで安価なパーキング用システムを提供するとしている。

駐車場事業者向けソリューション

 サービスでは、稼働状態にあわせたパーキングメニューが設定できる駐車場予約システムを提供するほか、カメラ付きセンサーで車両番号を認識するなど、安心できる事業運営が可能となるという。また、駐車場利用者向けにはスマホ向けの専用アプリで検索や満車・空車状態の把握、オンライン決済などのサービスを無料で提供。

 サービス開始に向け、駐車場や遊休スペースの有効活用を検討中の企業や自治体、マンション管理組合、月決め駐車場の管理事業者などのビジネスパートナーの募集を開始した。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン