このページの本文へ

遅配が許されず精密なロードナビゲーションを要求されるピザ・デリバリーに投入される最先端技術

世界初! ドミノ・ピザが自動運転ピザ配達ロボ「DRU」を開発

2016年03月18日 14時57分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Domino’s Robotic Unit

 ドミノ・ピザ エンタープライズは3月17日、オーストラリアで世界初の商業用自動運転デリバリーロボットを発表、試験運用を開始した。

 デリバリーロボット「Domino’s Robotic Unit」(通称DRU(ドリュー)は小型の4輪自律自動車で、ピザを熱々な状態で運搬できるボックス(冷たいドリンクを格納するボックスも)装備。バッテリー駆動で約20km先まで配達可能という。

自律運転なのは当然として、最適ルートの選択も自動という 

 車幅740×全長1030×高さ922mm、重量約190kg。オーダーの際に顧客にコード番号を通知、ロボが到着したら顧客は番号を入力、ピザボックスが持ち上がり商品を取り出すことができる。

人の乗る自律運転タクシーなどに比べると小柄なので公道での危険度も低く、試試験運用の敷居も低そうだ(国内のロボット特区にぜひとも) 

 オーストラリア・クイーンズランド州の一部エリアにおいて試運転を行なっており、今後さまざまなエリアでの商業利用を目指すという。

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART