このページの本文へ

ついに追加されたエヴァの“暴走”が激ヤバ!「エヴァンゲリオン VR The 魂の座」新バージョンを体験

2017年12月22日 11時00分更新

文● ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バンダイナムコエンターテインメントは、新宿歌舞伎町にある国内最大級のVRエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」にて稼働している「エヴァンゲリオン VR The 魂の座」を12月27日にバージョンアップする。

 新バージョンである「エヴァンゲリオン VR The 魂の座:暴走」は、その名のとおりエヴァンゲリオンに暴走要素が追加される。また、「ヱヴァンゲリオン新劇場版」に登場した「Mark.06」が加わり、従来の3人協力プレイから、4人協力プレイが可能となる。

 実際に稼働する前に体験する機会を得たので、その内容をご紹介したい。

筐体は現在実装されているモノと変わらないが、全ブースがこのように4台並ぶ形になるという

 操作方法も若干変化。筐体には左右にレバーがあり、トリガーともうひとつ親指に当たる部分にボタンがあるのだが、従来はトリガーのみを使用。右トリガーで攻撃、左トリガーで武器切り替えという操作だったが、今回のバージョンでは武器によっては左右どちらにも武器を持ち、左右どちらのトリガーも攻撃に変わっている。武器切り替えは、親指のボタンを使用する。

 レバー操作での移動は変わらないが、従来は移動するとその足の動きに合わせてシートが振動していたが、今回のバージョンでは武器で攻撃した際に振動するように変更された。

操作はレバーで移動、武器の照準は頭の動きで合わせ、左右どちらのトリガーでも攻撃。レバー上のボタンを親指で押し、武器切り替えへと変更

 本作では、エヴァ正規パイロットが不在の中、プレイヤーがネルフに選ばれた「臨時パイロット」となり、エヴァに搭乗することになる。そして、エントリープラグに搭乗したところから始まり、LCLの注入を体験、発進シークエンスが行なわれ地上へ射出、第10使徒と戦闘という基本の流れは前バージョンと変わらない。

 臨時パイロットなので、シンクロ率は14%と低いのも変わらない。アセットなども特に変更はないとのことだが、建造物などのディテールの表現などが向上し、臨場感が格段に上がっている。

 また、地上へ射出される前に碇ゲンドウがキャットウォークから、こちらを見ていたり、NERVの基地内を走り回る作業員がいたりと、細かな演出が追加され、より作品の中に没頭できるつくりとなっていた。

 地上での戦闘は大幅に進化。原作を知っている人は当然知っているだろうが、地下から上がって来る武器を収められたコンテナのような「EVA ORDINANCE DEPOT STRUCTURE」は、従来より数を増やしたとのこと。現在稼働バージョンでは、割と数が少なく武器の残段数がなくなり、武器を取りに行きたくても辿りつかなかったという人も多かったようなのだが、今回はその心配はない。

 建物のディテールも向上し、つくり込まれた第3新東京都市の姿にエヴァンゲリオンの世界で戦っている感を否応が無しにも与えてくれる。また、原作通りのBGMが追加。VRでは、リアリティーをなくすため、音は環境音やキャラクターのセリフのみというのが通例だが、本作の場合はエヴァンゲリオンという作品世界に入り込むというつくりのため、原作どおりのBGMを加えても違和感なく、より作品世界に没頭できるようになったという。実際に、言われるまで気づかないほど違和感がなく、むしろ高揚感を覚える。ファンには堪らない演出だ。

 もちろん、横を見れば一緒に搭乗した仲間の姿も! 前述したとおり、今回のバージョンでは攻撃時に、武器を持つ方のレバーと、シートが激しく振動する。従来バージョンでは、攻撃時に何か物足りなさを感じていたが、この“攻撃”している感じだったのかと納得。片側で撃つ440mm機関砲の場合は、撃っている手に振動があり、パレットライフルを両手で撃っている時は、両手に振動を感じ、戦っている感じがリアルに感じられたのも好印象。

 また、従来はかなり難易度を高く設定されており、使徒を倒すのを難しくしていたとのことだが、新バージョンではその点も緩和。何度もプレイして、クリアーを目指してほしいという意図もあったのだろうが、いざ稼働してみると現状のバージョンの使徒せん滅率は1%ほどと。想定より大分低かったそうだ。

仲間の雄姿に興奮すること間違いなし

 今回は、半分以上の方が使徒を倒せるような難易度調整にしているとのこと。そして、その使徒を倒す演出が今回のキーとなるエヴァの“暴走”となっている。原作で暴走といえば、エヴァンゲリオン初号機だが、本作ではどのエヴァに搭乗していていも使徒を倒せるまで追い詰めると暴走の演出になる。

アニメで見たあのエヴァンゲリオンの“暴走”シーンが、目の前で繰り広げられるのは圧巻だ

 使徒によってシステムダウンの演出があった後、エヴァンゲリオンが暴走。激し動きで使徒に迫り、迫力ある肉弾戦を繰り広げる。その演出かなり原作風景を忠実に再現し、碇シンジが見た光景は、まさにコレなのでは?と思わせる、真に迫る映像と、迫力だった。自分で戦闘している時よりも、激しくシートが揺れ、気分を悪くするのではないかと思ったが、主に前後の直線的に動きのみで、左右に動きがなかっため、酔い易い人は少し酔うかもしれないが、大きく気分を害することはなさそうだった。むしろ、迫力に興奮して、そんな余裕もないかもしれない。

 VR ZONE SHIJUKUに向けて、エヴァンゲリオンの原作者「庵野秀明監督」からコメントが寄せられたとのこと。

原作者:庵野秀明監督のコメント
『VR ZONE SHINJUKU』、実に面白い体験でした。エヴァも設定時から 23 年目にして初めて発進シークエンスを体感し、新たな感覚を味わえました。他にも、高所渡り(『高所恐怖 SHOW』)もシンプルなところが良かったです。特に開発担当者の方が勧めてくれた 『釣り VR』が楽しかったですね。リールの巻取音があれば、もう完璧でした! また行きたいです!

 VR ZONE SHIJUKUでは、ますますパワーアップし、これこそ“完全版”と言えるべきエヴァの世界を存分に体験できるVRから、数多くの高いVR体験が味わえる。まだ体験したことがない、エヴァンゲリオンが大好きだ、という人はぜひ一度体験してみることをオススメしたい。

●関連サイト

カテゴリートップへ