このページの本文へ

迅速なシステム復旧に加えてシステム障害の予兆監視にも

NEC、AIを使って統合的なログ分析を自動化する「ログパターン分析」を発売

2017年10月13日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ログパターン分析を活用したソリューション例(障害対応レコメンド)

 NECは10月13日、多様なログパターンをAI技術を活用して自動で抽出・モデル化することでログ分析作業を支援するソフトウェア「NEC Advanced Analytics - ログパターン分析」を発売した。

 システムやネットワークの稼働状況や操作履歴のログから、障害発生時の根本原因分析の迅速化、障害の予兆検知の精度向上、不正アクセスの検知を分析するためのツール。現在では仮想化やクラウド化などシステムが大規模かつ複雑化しておりログも膨大な量となるため、分析作業を支援するソフトェアが必要とされている。

 NECでは同社のAI技術を活用することで、事前の定義なしでログのフォーマットや可変部の取りうる範囲といったパターンを抽出。これまでのようにフォーマット定義が不要となり、テンプレート作成や修正の工数作業を低減できる。ログパターンやログに含まれる変数の種類・値の範囲を学習・モデル化し、モデルとのマッチングを自動判定することで、これまでのような勘や経験に頼ったログ分析作業を軽減。

 システム障害時には、障害発生時と過去の障害時のログパターンを分析、過去の類似障害を検索して通知する。また、ログの出力件数の変異から人間の目では見つけにくい挙動の検知など、故障時期の推定など予兆発見も可能という。

 NECでは同社のクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」の運用において実証実験を行ない、数千台を超える基盤機器から出力される大量の多彩なログ監視ルール設計や分析にかかる工数を25%削減し、効率化を実現したという。価格は250万円(税別)より。分析エンジンの永久ライセンス(論理2コア単位、保守費別)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』