このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第328回

セキュリティホールの放置は禁物!

Office 2007の延長サポートが10月10日に終了

2017年10月11日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

Office 2007の利用は中止し、アンインストールしよう

監視報告
Office 2007の延長サポートが10月10日に終了

 2017年10月10日、Office 2007の延長サポートが終了した。マイクロソフトは、製品が発売されてから、最低5年のメインストリームサポートと、最低5年の延長サポートを提供している。この度、10年が経過し、すべてのサポートが終了することになった。この後は、脆弱性が発見されても更新プログラムが提供されることはない。

 とはいえ、アプリ自体はそのまま利用できるので、気にせず使い続ける人もいるだろう。次のPCを買い替えるタイミングで、Office付きにすればいいと考えているかも。しかし、これは大間違い。セキュリティホールを放置すると、大ごとになりかねないのだ。

 例えば、2017年4月には、Officeの脆弱性「CVE-2017-0199」(https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2017-0199)が発表された。細工されたRTFファイルをOfficeやワードパットで開くと、勝手にプログラムをインストールされてしまうというものだ。これはネットバンキングを利用しているユーザーが狙われた。

 利用しているアプリのひとつと軽く考えていると、想像以上にひどい目に合う可能性があるので注意すること。PC全体が暗号化されるランサムウェアにひっかかれば、プライベートなデータは全滅する。情報を外部送信するマルウェアに感染すれば、IDとパスワードが漏洩したり、最悪デジカメ写真なども流出する。

Office 365 Soloを利用すれば、契約期間中はずっとセキュアに使い続けられる

 セキュリティが切れたアプリは使わないだけでなく、PCからも確実にアンインストールすること。ちなみに、Office 2010のメインストリームサポートも終了しており、延長サポートは2020年の10月13日まで、Office 2013やOffice 2016はまだメインストリームサポートが提供されている。

これでズバッと解決!

 Office 2007の延長サポートが終了すると脆弱性が見つかっても対処されなくなるので、アンインストールする必要がある。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン