このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第356回

標準アプリ「Sticky Notes」を使いこなそう

Windows 10のデスクトップに付箋を貼ってメモ管理する

2017年12月20日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

「Sticky Notes」を起動する

調査依頼
Windows 10のデスクトップに付箋を貼ってメモ管理する

 メモを付箋に書いてディスプレーに貼っているという人は、付箋アプリを活用するとコストがかからず、付箋をなくすというトラブルもなくなるのでオススメ。Windows 10には標準で「Sticky Notes」というアプリが搭載されており、手軽にデスクトップに付箋を貼ることができるのだ。

メモを入力できる。「・・・」をクリックするとメニューが開く
付箋の色を変更できる

 スタートメニューやコルタナから「Sticky Notes」を起動すると、四角い付箋が現れる。中にテキストを書くだけの超シンプルアプリだ。場所を移動したりサイズを変更できる他、背景の色を指定することも可能。「+」ボタンをクリックすることで何枚でも追加できる。

歯車アイコンを開くと設定画面が開く
右上のごみ箱アイコンをクリックすると付箋を削除できる
「*」に続けて半角スペースを入力する

 先日新機能が追加され、半角の「*」に続けて半角スペースを入力すると、箇条書きができるようになっている。自分で「・」と入力してもそれほど手間ではないが、機能が充実することはウェルカムだ。

箇条書きができるようになる
ジャンプリストから新規の付箋を追加できる

 付箋を活用するなら、アプリをタスクバーにピン留めしておくとラク。タスクボタンの右クリックメニューから「メモの追加」ができるので、手間が省ける。

これでズバッと解決!

 標準の付箋アプリ「Sticky Notes」は軽量・シンプルで、気軽に活用できる。常用するなら、タスクバーにピン留めしておこう。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン