このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第353回

Qualcomm Snapdragon Tech Summitで発表

瞬間起動、常時接続、長時間駆動のAlways Connected PCが登場する

2017年12月13日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

ハワイでQualcomm Snapdragon Tech Summitが開催された

監視報告
瞬間起動、常時接続、長時間駆動のAlways Connected PCが登場する

 2017年12月5日、クアルコムは第2回となるQualcomm Snapdragon Tech Summit年次イベントをハワイで開催した。そこでマイクロソフトとQualcomm Chips、HP、ASUSは、SnapdragonのチップセットでWindows 10とOffice 365が動作するAlways Connected PCを発表した。

マイクロソフトがYouTubeに投稿したバッテリー駆動時間に関する紹介動画「The New Always Connected PCs」


 Snapdragonは10年ほど前からモバイル端末に搭載されてきたチップセットで、この度PCに搭載されることになったのだ。スマートフォンのような瞬間起動(Instantly On)やWi-Fiと携帯通信機能による常時接続(Always Connected)、そして1週間分をうたうバッテリー駆動時間を持つのが大きな特徴。

HPのAlways Connected PC「ENVY x2」は2018年春に発売予定だ

 忙しいビジネスの現場では、PCをストレスなく使えることが重要なので、瞬間起動は大きな魅力となる。脆弱な公衆Wi-Fiから情報漏洩したり、オフィスのWi-Fi環境を数年ごとにリニューアルするコストを考えると、4Gネットワークでセキュアな通信機能を備えておいた方がコスト削減になるかも。バッテリーも30日間のスタンバイや20時間以上の駆動時間を実現しており、充電の手間が大幅に減りそう。働き方改革に寄与してくれることだろう。

 OSはMobileではなく、フルのWindows 10が動作し、実行するアプリにも以前のARM版Windowsの時のような制限はない。Always Connected PCは2018年から発売される予定だ。

これでズバッと解決!

 これまではモバイル端末に搭載されていたSnapdragonのチップセットを搭載したPCがお目見えする。瞬間起動、常時接続、長時間駆動というウリを持っている。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン