このページの本文へ

ここでしか読めないネタの「連載」「特集」が満載!ASCII倶楽部情報局第315回

アスキー的パソコン大解剖

Ryzen 5で組む! 自作入門用格安PC

2017年10月11日 18時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。有料の会員サービスですが、現在3日間無料キャンペーンを実施中です! 詳細は記事末尾をご確認ください。

 本日は、ASCII倶楽部で4月29日に公開した「Ryzen 5で組む! 自作入門用格安PC」を紹介します。


 2017年4月11日、AMDのZenアーキテクチャーを使用したミドルレンジCPU「Ryzen 5」シリーズの発売が開始された。

 11日は上位であるRyzen 5 1600Xおよび1600、中3日あけた15日に下位の1500Xおよび1400の流通が開始という変則的な出だしとなったが、11日は深夜販売にも関わらず秋葉原のショップに人が集まるなど、AMD製CPU販売イベントとしては3月のRyzen 7に次ぐ盛り上がりをみせた。

 今回のRyzen 5も“同価格帯の競合CPUよりコア数が多くて速い”ことを売り文句にしている。まずはRyzen 5は7に比べるとどの程度の性能なのか? 競合するインテル製CPUに比べ速いのか? などをさまざまな角度から検証してみたい。

今回入手したRyzen 5 1600X(左)および1500X(右)

同価格帯ならインテル製よりコア数が多い

 まずは、Ryzen 7と5(この後テストするものだけを抜粋)のスペックをチェックしてみよう。Ryzen 5のTDPは95Wと65Wだが、95Wなのは最上位の1600Xのみとなる。さらにRyzen 7 1800XとRyzen 5 1600Xのクロック設定は同じである点に注目だ。

 なお、XFRはX付きでないCPUでも効くが、Xの付かないCPUでは“効きが悪い”という意味で△にしている。

Ryzenのスペック表
型番 Ryzen 7 1800X Ryzen 7 1700 Ryzen 5 1600X Ryzen 5 1600 Ryzen 5 1500X Ryzen 5 1400
コア数/スレッド数 8/16 8/16 6/12 6/12 4/8 4/8
ベースクロック 3.6GHz 3GHz 3.6GHz 3.2GHz 3.5GHz 3.2GHz
ブーストクロック 4GHz 3.7GHz 4GHz 3.6GHz 3.7GHz 3.4GHz
XFR
2次キャッシュ 4MB 4MB 3MB 3MB 2MB 2MB
3次キャッシュ 16MB 16MB 16MB 16MB 16MB 8MB
TDP 95W 65W 95W 95W 65W 65W
付属クーラー なし Wraith Spire なし Wraith Spire Wraith Spire Wraith Stealth
実売価格 6万円前後 4万1000円前後 3万3000円前後 3万円前後 2万5000円前後 2万2000円前後

 ポイントとなるのは先行発売されたRyzen 5 1600Xおよび1600が6コア12スレッド、15日より流通開始の1500Xと1400は4コア8スレッドとなっている部分だろう。これまでインテル製CPUで実売3万円前後といえば、4コア8スレッドの下位モデル、もしくは4コア4スレッドCPUしか選べず、6コア12スレッドCPUは予算が倍近く違ってくるX99プラットフォームにしかなかった。だが今回Ryzen 5の登場によって3万円台でも6コア12スレッド環境が手に入るようになった。

 メモリーやXFRまわりの構成はRyzen 7と共通。そしてなによりうれしいのは全製品が倍率ロックフリーであるということ。インテル製CPUではごく一部の製品にしか許されないオーバークロックは、RyzenではどのCPUでも許されているというのはうれしいかぎりだ。ただオーバークロックするためにはX370マザーかB350マザーを使う必要がある。

「CPU-Z」を使ってRyzen 5 1600Xと1500Xの情報をチェックしたところ
Ryzen 5 1600Xを装着してタスクマネージャをチェック。3万円ちょっとのCPUで12スレッド使えるのはいい時代になったものだ。全コアに負荷をかけると、おおよそ3.6GHzで稼働する

Ryzen用に最適化された電源プラン

 これまでAMDはRyzenのベンチにあたっては電源プランを“高パフォーマンス”にすることを推奨してきた。だが今回のテストでは、AMDがRyzen用に最適化した“Ryzen Balanced power plan”を使用している。

 OS標準の“バランス”プランだと、CPUの動作ステート(クロックや電圧などに影響する)をアイドル状態から高パフォーマンス状態に切り替える際にわずかなタイムラグが生じるという。ワットパフォーマンスを向上させつつ、性能低下を最小減に押さえるのが“Ryzen Balanced power plan”なのだ。

 この電源プランの導入は至極簡単だが、現在のところ英語オンリー。そこでここでは導入方法を簡単に解説する。ただし現状のところこの電源プランの導入は自己責任なのでそこだけは注意してもらいたい。

まずはAMDのブログにあるこのページを開く。「The AMD Ryzen Balanced power plan」という見出しのすぐ下にあるリンクからZipファイルが落とせる
Zipファイルの中身を解凍してもこんな雑なアイコンしか出てこないが、これをダブルクリック。
ダブルクリックするとこのような警告が出現。ここで「はい、追加する」を選ぶとインストールが続行される
電源オプションを開き電源プランが“AMD Ryzen Balanced”になっていれば導入終了だ

 続きは「Ryzen 5で組む! 自作入門用格安PC」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定。いまならASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンを実施中! 詳細は下記をご覧くださいませ。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております!

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題!

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

この連載の記事

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1156(2017年12月12日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1155(2017年12月5日発行)

  • 週刊アスキー特別編集『2018 冬の超お買物特大号』

  • 週刊アスキー No.1154(2017年11月28日発行)

  • 週刊アスキー No.1153(2017年11月21日発行)

  • 週刊アスキー No.1152(2017年11月14日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事