このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第325回

ビルド番号がとうとう17000番台に

Windows 10 IP、次々回の大型アップデートRS4に向けたビルドが登場

2017年10月04日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

情報が更新され、10月2日には「16299.15」がFast ringにリリースされた

監視報告
次々回の大型アップデートRS4に向けたビルドが登場

 9月26日にWindows 10 Insider Previewの最新ビルド、16299がFast ringにリリースされ、28日にはSlow ringにも公開された。主に細かい不具合の修正が行われている。

 ウェブページに埋め込まれたPDFファイルをスクロールすると、Edgeブラウザがクラッシュしたり、エクスプローラーの「PC」の下に光学ドライブが表示されないといった不具合が修正された。

来年リリース予定のアップデートをいち早く体験できる「Skip Ahead」

 9月27日には、「Skip Ahead」への最新ビルドもリリースされた。これは、Windows 10 Fall Creators Updateの次の大型アップデート(RS4)に向けたもので、8月31日にもビルド16353としてリリースされていた。しかし、Windows 10 Fall Creators Updateを目の前に控えたタイミングで、ビルド番号を17000番台に乗せてきて、いよいよ本格稼働というところか。

スタートメニューに適用された「Fluent Design System」

 Windows 10は、マイクロソフトが「Build 2017」で発表した「Fluent Design System」の適用範囲を広げていくとのことで、まずはスタートメニューのアプリ表示に適用されている。

 Edgeブラウザの挙動も、いくつか改善された。例えば、新しいタブやスタートページからアドレス欄にURLを入力した場合、ときどきテキストがクリアされてしまう問題や、Ctrl+Fキーで検索ボックスを開いたときにフォーカスされない問題などが修正されている。

 このビルドはWindows 10 Insiderの設定で「Skip Ahead」を選んでいる端末にだけ配信され、Windows 10 Fall Creators Update向けのビルドとは共存できない。また、現在は「Skip Ahead」の受付は終了している。Windows 10 Fall Creators Updateがリリースされれば、アップデートできるようになるので、少し待とう。

これでズバッと解決!

 Windows 10 Fall Creators Updateに向けたWindows 10 Insider Previewの最新ビルド16299と、その次の大型アップデートに向けたビルド17004がリリースされた。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン