このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第319回

アイコンも従来と同じように設定可能

Windows 10で大きなデスクトップ表示アイコンを作成する方法

2017年09月20日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

右クリックメニューからショートカットを作成する

調査依頼
デスクトップ表示アイコンはなくなったの?

 ウィンドウをたくさん開いている状態で、デスクトップに保存しているフォルダーやファイルにアクセスしたい場合、ウィンドウをまとめて閉じると楽だ。そんなときに役立つのが、「デスクトップの表示」アイコン。タスクバーにあるアイコンで、ワンクリックですべてのウィンドウを最小化してくれる。

「explorer.exe shell:::{3080F90D-D7AD-11D9-BD98-0000947B0257}」と入力
「デスクトップの表示」と入力

 Windows 10にもあるのだが、画面右下の端にある細長の部分になっている。アイコンよりもずっと細いので、目立たなくなっているのだ。さらに、マルチディスプレー環境だと、マウスがスルーしてしまうので、クリックするのさえ難しい。

プロパティを開く
「アイコンの変更」をクリックする

 「Windowsキー+D」というショートカットでも同様の動作を実行できるのだが、どうしてもマウスで操作したいなら、「デスクトップを表示」のアイコンを復活させよう。

「デスクトップの表示」アイコンを選択する
タスクバーに登録できた

 まずは、ショートカットを新たに作成し、「explorer.exe shell:::{3080F90D-D7AD-11D9-BD98-0000947B0257}」と入力する。名前は何でもいいのだが、例えば「デスクトップの表示」にする。作成したファイルのプロパティを開き、「アイコンの変更」から、デスクトップの表示アイコンを指定すれば完了。タスクバーにドラッグ&ドロップして登録すればいい。元のショートカットは削除してもOKだ。

これでズバッと解決!

 デスクトップ表示のショートカットを作成し、タスクバーに登録できる。アイコンも従来と同じように設定できる。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン