このページの本文へ

スマートグラス「MOVERIO BT-300」のお役立ち・遊べるアプリ大紹介!! ― 第6回

ARゲームアプリを「MOVERIO BT-300」で楽しむ!

2017年10月20日 10時00分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エプソンのスマートグラス「MOVERIO BT-300」は、OSにAndroidを採用しており、専用アプリストア「MOVERIO Apps Market」などからアプリをインストールして機能を拡張できる。

 今回はARを生かしたゲームを紹介する。MOVERIO BT-300の場合、現実と仮想が同居するARの世界観を体感しやすい。そうしたゲームが今後も増えると、さらにMOVERIO BT-300の楽しみ方が増えるだろう。

Labyrinth

 「Labyrinth」は、迷路探索ゲームアプリ。迷路を進み、的を倒して進みつつ道を開いてゴールを目指すゲーム。実際に歩いたり、その場で足踏みしたりすることで、アプリ内の視点が移動する。タップしたり振ったりするとアクションが発生し、的を倒すことができるので、あとはゴールを目指して歩いて行く。歩いたり足踏みしたりする必要があるため、ある程度のスペースが必要で、歩く際には注意が必要だ。「MOVERIO BT-300 Unity Plugin」の機能を利用したゲームアプリだ。

TekkyuAR

 「TekkyuAR」は、ゴールへ向けて鉄球を転がして運ぶ3D立体迷宮ゲーム。現実の重力と力に従って鉄球が転がるので、それを利用してゴールまで転がしていく。キューブ型ターゲットを硬めの紙に印刷し、キューブ型のターゲットを作成する。それをMOVERIO BT-300のカメラを通して見ると、立体の迷路が目前に現れるので、キューブを動かし、鉄球をゴールに向けて転がしていく。

Romans from Mars Augmented

 「Romans from Mars Augmented」は、ARを活用して自分の城を防衛するゲーム。10種類の異なる敵、30種類の達成目標などが用意され、クロスボウや炎などの神聖な精霊の力を駆使して、敵を攻撃し、城を防衛するのが目標だ。

daub ぬってポン!3Dぬりえ だーぶ

 「daub ぬってポン!3Dぬりえ だーぶ」は、自分で色を描いた絵が3Dになって動き出すアプリ。専用の「ぬりえ用紙」をダウンロードし、色鉛筆やクレヨンで色を塗ってから、アプリを起動してかざすと、カメラを通してぬりえが飛び出し、動き出す。カメラボタンを押すことで飛び出したぬりえを撮影することも可能。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
ピックアップ