このページの本文へ

スマートグラス「MOVERIO BT-300」のお役立ち・遊べるアプリ大紹介!! ― 第5回

エプソン「MOVERIO BT-300」をもっと快適にするユーティリティアプリ

2017年10月13日 10時00分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エプソンのスマートグラス「MOVERIO BT-300」は、OSにAndroidを採用しており、専用アプリストア「MOVERIO Apps Market」などからアプリをインストールして機能を拡張できる。

 今回はユーティリティアプリとして、MOVERIO BT-300をさらに便利に使えるアプリを紹介します。

「Splashtop Personal - Remote PC」

 「Splashtop Personal - Remote PC」は、PC/Macのリモートコントロールアプリ。PC/MacにSplashtopアプリをインストールしておけば、BT-300からリモートでPC/Macにアクセスし、PC上のファイルやソフトを利用することが可能になる。Splashtopアカウント経由で5台までのコンピュータにアクセスできるようになっている。リモートコントロールなので、BT-300の機能の制限を受けずに、PC/Macのすべての機能を利用できる。3Dゲームなどもネットワーク速度が許せばBT-300上で動作するが、快適に遊ぶのは難しいだろう。その代わり、PC上の必要なコンテンツを一時的に確認する、といった用途には使える。

「ESET MobileSecurity for Android」

 「ESET MobileSecurity for Android」は、Android向けのセキュリティアプリであるESET MobileSecurityがBT-300で動作するようになったもの。BT-300はベースがAndroidとなっており、ウイルスなどのマルウェアに感染する可能性はある。そのため、ESET MobileSecurity for Androidを利用することで安全性を高めることができる。マルウェアだけでなく、ショッピングサイトなどに見せかけてクレジットカード情報などの個人情報を盗み取るフィッシング詐欺対策機能も備えており、総合セキュリティアプリとしてBT-300の利用の安心感を高めてくれる。

「Epson Presenter Assistant」

 「Epson Presenter Assistant」は、プレゼンテーションのサポートアプリ。PowerPointスライドをPNG形式で変換し、BT-300上に保存しておくことで、BT-300で目の前にスライドを表示しながらプレゼンを行うことができる。BT-300はシースルーのメガネ型デバイスなので、聴講者を見ながらプレゼンをしつつ、視界にスライドを常時表示させることができる。そのため、より魅力的なプレゼンを行うことができるだろう。

「Mirroring360 AirPlay Receiver」

 「Mirroring360 AirPlay Receiver」は、iPhoneやiPadの画面を、BT-300上に表示させるためのアプリ。iOSだけでなく、Macの画面をミラーリング表示することも可能だ。iPhoneなどの画面をミラーリングするため、BT-300に転送しなくても写真や動画のコンテンツをBT-300の大画面で再生可能になる。ミラーリングするには、iOSデバイスとBT-300を同じネットワーク上に接続し、BT-300ではMirroring360 AirPlay Receiverを起動し、iOSデバイスではAirPlayを利用する。なお、DRM(デジタル著作権管理)コンテンツの表示はできない。

カテゴリートップへ

この特集の記事
『MOVERIO BT-300』のすべてを紹介!