このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す!第84回

速かったSIMがフツーの速度に!? 最近変わった格安SIMの速度傾向

2017年08月31日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 筆者の格安SIM間のMNPも完了し、ちょうど手元に格安SIMがたくさんあるタイミングがあったので、それぞれの比較をしてみた。

 速度測定アプリの結果がすべてではないが、今までとは少し傾向が違っていることに気づいた。そして、筆者がMNPしてたどりついた格安SIMは他と比べて速かったのかどうかも確かめてみた。

ランチタイムの落ち込みは各格安SIM共通

 今回測定したSIMは、いわゆる格安SIMが6枚と、ドコモ契約のspモードの回線が1枚の7回線。

 格安SIMは大手の「IIJmio」「OCN モバイル ONE」「楽天モバイル」「mineo」と、「LINEモバイル」「イオンモバイル」。測定にはドコモから販売される「Xperia XZ SO-01J」を用い、速度測定アプリはOOKLAの「Speedtest.net」を使用した。

 結論から言えば、ドコモ契約の速度が別格で、その他の格安SIMに多少の増減がある程度。

 これまで速度測定で常に高速な数値の出ていた楽天モバイル、LINEモバイルが、今回の測定では高速な一面も残しつつも一般的な格安SIMのレベルになっている。

ランチタイムの12時40分前後(単位はMbps) ランチタイムの12時40分前後(単位はMbps)

 特にランチタイムのドコモの速度は別格。数字だけ見れば格安SIMとは何であるかが実感できる。

 楽天モバイルはランチタイムなどでも以前は圧倒的な数値を出すこともあったが、最近は落ち着きぎみ。

 反面、以前は混雑時間帯にデータの流れが不安定ということもあったが、今では12時40分ごろという極端な混雑ピーク時を除けば、それ以外の混雑時間帯には動画やウェブ閲覧などに大きな支障はなくなったように感じる。

 ほかのSIMも使った限りでは、ドコモの速さを実感するものの、格安SIMがまったく使えないかというとそうでもない。

 どうしてもランチタイムの12時40分前後の30分くらいに速さが欲しければ3大キャリアなどと契約するしかなさそうだが、格安SIMを使うならこの時間帯に速度が大きく落ち込むことだけは理解しておきたい。

夕方も落ち込むが、ランチタイムほどでもない

夕方18時台(単位はMbps) 夕方18時台(単位はMbps)

 夕方18時すぎの測定では、イオンモバイルの速度が落ち込んでいるが、データの流れはじめの速度が速く、次第に遅くなっていく中での数値となるため、実際に細切れの通信が多発するウェブサイトの閲覧では遅さをほとんど感じない。

 次に下りが遅いのがIIJmioだが、イオンモバイルはIIJmioと同じリモートホストを示しており、IIJmioから回線を買っていると考えてよさそう。

 IIJmioとイオンモバイルは、データの流れ初めだけ速度が出て、その後緩やかに遅くなるという傾向は同じで、実際の測定数値が多少遅くとも体感上はもう少し速く感じる。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART