このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

どうせ無保証なんだから魔改造してまえ!

玄人志向とGALAXのコラボブランドは痛VGAに最適!

2017年09月13日 12時00分更新

文● 藤山 哲人 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 筆者も愛用している「クロシコ」製品。「玄人志向」という黒いグラサンをかけた謎の男がパッケージに描かれているアノブランドだ。すごく安くてマニアックなボードなどを世に送り出し、魂はノーブランド的だが製品は一流ブランドという謎多き会社だ。

サングラス男でおなじみの玄人志向製品

 その玄人志向の製品は、電話・FAX・メールサポートは一切ついていない。極限までコストを削減することで、ハイクオリティーな製品をリーズナブルに提供するためだ。「ドMホイホイ」な製品と言ってもいいだろう。実に玄人好みの製品だ。

 そんな玄人志向が、グラボメーカーのGALAXとタッグを組んでリリースしたのが「GALAKURO」だ。オイオイ、ナウなネーミングセンスだなーという突っ込みはさておき、このコラボブランドの位置づけは、「玄人」と「玄人を目指す人」のためのハイエンドブランドだという。

いつものGALAXのパッケージ

 しかもパッケージまでコラボバージョン。GALAXはヤバそうな兄ちゃんが、ジェダイの騎士みたいに深くフードをかぶったヤツだ。しかしコラボモデルは、クロシコのグラサン兄貴が、フードかぶって「ロッキー」か「明日のジョー」みたいな感じになっている。エ・イ・ド・リ・ア~~ンッ! 誰も理解できなかったら、ごめん。

「GALAKURO」では、パッケージがリアル“謎のサングラス男”になっている! 芸が細かい!
パッケージの裏面は日本語で製品の特徴が書かれている。グラボで日本語解説があるパッケージは非常に珍しい

 そのパッケージ裏面で、液体窒素をPCにぶっかけているのが、世界的なオーバークロッカーDuck氏だ。前述の深くフードをかぶった兄貴としてパッケージにも採用されたこともあるナイスガイ! そんなDuck氏が、この製品を使った動画をYoutubeにアップロードしているので、これもチェックしておこう。

光沢のないつや消しの白!
これは簡単にお絵描きできそう!

 いつもは黒光りするカバーにメーカーロゴが描かれているグラボだが、今回リリースされたのは真っ白で何もペイントされていない製品だ。

その真っ白なグラボを見た、アスキーの自作大好き集団“自作虎の巻”ことジサトラメンバーが「これ、色塗ったらおもしろいんじゃね?」と、ぬかしやが…‥いやいや、斬新な意見をおっしゃるので、現物を見たくなった。

「グラボは目立ってナンボ! LED発光に頼らずに存在を主張させるには、もうグラボ自体をペイントするしかない!」と力説するジサトラキタムラ。要は不器用な自分じゃペイントできねーから、お前がやれ! ってことだよな?

 白いグラボは珍しいし、そのままでもいいんじゃね? と思っていたのだが、実際に製品を見てみると、光沢のある白ではなく、つや消しの白だった。これはもう「私を好きな色に塗って」と言っているようなモンだった。

GeForce GTX 1080 Tiを搭載するGALAKUROの「GK-GTX1080Ti-E11GB/WHITE」。ファンやカバーがつや消しの白色。まさに「カモがネギ背負った」状態。これは好きに色を塗れと言っているようなものだ!

 ペイントの腕前だったら、ジサトラメンバーに負けるつもりはない。そこで、キーボードとマウスをスプレー缶とマスキングテープに持ち替えて、白いグラボを俺色に染めることにした。

DIYを駆使していろいろ作ってみた。見た目もすごく速そうでしょ、このグラボ!

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中