このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

光らせるのはもう時代遅れ~

これからは“盛る”時代! 玄人志向のGALAKUROでお手軽「痛VGA」製作

2017年09月15日 11時00分更新

文● ジサトラ キタムラ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 玄人志向とGALAXがタッグを組んで誕生した新ブランド「GALAKURO(ギャラクロ)」。前回、白いVGAはペイントにもってこいなので、塗装してオリジナルVGAを作ってみた!

GALAKUROのWHITEシリーズ。ファンカバーやバックプレートが真っ白! ペイントの下地として最適ペイントで目立つグラボが完成! しかし塗装の腕前も時間もない人はどうすれば?

 さてさて、完成度の高いこれまでの工程を見てきて、「俺にはこんなの無理~」とか、「美少女イラストのほうががいい!」と思った人は挙手! そういう人は印刷業者を使って、お手軽に高品質な痛グラボを作ってもらおう。

印刷業者なら、こんなオリジナルグラボも作れちゃう!

 藤山氏渾身の作品に触発され、自分でもオリジナルグラボが作りたくなったジサトラキタムラ。ところが、藤山氏のような塗装のテクニックも、塗装している時間もないキタムラは、その腕前と時間をカネで買うことにした。大人ってズルイ……。

 そこで今回、グラボへの印刷をお願いしたのは、中野ブロードウェイにある「プリントマウス」さん。同人誌の印刷はもちろん、印刷したい絵柄やイメージを伝えれば、キーボードやスマホケース、カバンなど、あらゆるものに印刷してくれるお店だ。

ジサトラのロゴを印刷してもらおうと、中野ブロードウェイにやってきたジサトラキタムラ中野ブロードウェイの2階にある印刷屋さん「プリントマウス」にやってきた

 グラボは、形状が複雑なうえ印刷面の段差も多いので、まずは来店前に問い合わせてグラフィックボードに印刷可能かを聞いてみた。すると「印刷できます」とのことだったので、印刷したいイメージと現物を持ってお店にやってきたというわけだ。

印刷したいイラストを見せて、お店の人と相談。印刷の工程や、仕上がりについて懇切丁寧に教えてくれる。「このTシャツのジサトラマークを、そのグラボにバーッと印刷してください。バーッと」というアバウトな注文にも対応してくれた

 こちらで用意したイメージ画像をもとに相談したところ、まずは地の色を塗料で吹き付け、その上からロゴマークをプリンターで印刷するという工程で制作することになった。ジサトラのロゴマークなど必要な素材ををデータで納品し、あとは完成を待つだけ。だが、せっかくの機会なのでその工程を取材させてもらった。

バラしたカバーにエアブラシで塗装していく
ベースとなる塗装が終わった状態。バックプレートはロゴが締まってみえるように黒で塗装。トラといえばやはり黄色と黒でしょう! これからプリンターでロゴを印刷することになる
ロゴを印刷するのは、巨大なインクジェットプリンター。原理は普通のインクジェットプリンターと同じ
剥がれにくい特殊なインクを使っている。インクを吹き付けた直後に紫外線を照射し、インクを定着させているそうだ
白は発色を良くするために重ね塗りする。そのためまずは白だけをプリントし、続いて重ね塗りする白と、その他の色を同時に吹く
印刷したてのバックプレート。見事にロゴマークがプリントされている!すげ~
ファンカバーもまずは白を印刷して、続いて重ね塗りする白と、その他の色を同時に吹く表面に3mm以上の段差があると、その部分は吹き付けにムラができてしまうそうだが、見た感じ問題なさそう
できあがったカバーをグラボに取り付けて完成! プリントが剥がれないよう最後にクリアーを吹いてコーティングしてもらっている

今回加工を依頼したお店はココ!

プリントマウス 中野ブロードウェイ店
住所:東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ2F
電話番号:03-5942-6066
営業時間:12時~20時
URL:http://www.print-mouse.com/3d/

 塗装代はプリントする内容と素材次第なので別途相談となる。ちなみに、プリント代はスマホカバーで3500円、キーボードで9000円程度(スマホカバー、キーボードなどの素材代込み)。なお、今回のグラボは印刷サービスだけでなく下地塗装とクリア仕上げまで一括してお願いしているので、もう少し費用がかかっている。

編集部にあったロゴシールを2基の冷却ファンに貼って、さらにジサトラ感アップ!
塗装と印刷を丸投げできて、このクオリティーはすごすぎ! しかも単品のオーダーでも引き受けてくれるのがありがたい!

 基本的にどんなイラストでもプリントできるので、大好きな2次元嫁のイラストをプリントして、真の痛グラボにすることも可能だ。印刷したい絵柄があるけど自分じゃ塗れないという人は、印刷屋さんでお願いすればきっと満足できる仕上がりになるはずだ。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中