このページの本文へ

災害に備え、省電力かつ長距離に届くLoRaWANネットワークを検証

広域無線通信技術LPWAを防災訓練で実証実験

2017年08月23日 13時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
実証実験のイメージ

 ハタプロは8月21日、NTTドコモおよび三菱地所と共同で防災訓練においてLPWAを用いた広域無線通信の実証実験を行なうと発表した。9月1日に実施される。

 LPWA(Low Power Wide Area)は低出力かつ長距離の通信を実現する無線技術。用途に応じた複数の無線規格の技術開発が進行しており、ハタプロではNTTドコモと共同でLPWAのひとつであるLoRaWANを進めている。

 今回の実証実験は、三菱地所が実施する「第91回 三菱地所総合防災訓練」内で実施されるもので、災害によって通信インフラが使用できなくなった場合を想定、大手町・丸の内・有楽町エリアにてLPWA通信網を確立し、周辺エリアに配置したGPS端末を持った社員の位置を把握する。

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART