このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

今野杏南のラスト作はファン垂涎の衣装で「もう一度見たかった!」を凝縮

2017年08月21日 19時00分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6年間におよぶイメージ映像リリースの集大成。AbemaTV「妄想マンデー」でもMCとして活躍している今野杏南さんが、21th Blu-ray&DVD「あんな夢、こんな恋 〜Anna Konno Final Image〜」(発売元:ラインコミュニケーションズ、収録時間:109分、価格:4104円)の発売記念イベントを8月19日、ソフマップAKIBA 4号店 アミューズメント館で開催した。

 以前から告知されていたことだが、本人が「新たな一歩を踏み出したい」ということで、この作品をもってイメージ映像で卒業となる。5月に沖縄で撮られたもので、これまでの作品の中で好評だった衣装などが織り交ぜられているという。

——ラスト作品はどんな感じですか?

【今野杏南】チャプターごとにナースやベビーシッター、水泳の先生になっていたりします。小説家だという設定でも撮りました。ファンの方々から好評をいただいたり、自分が好きな衣装も織り交ぜ、全体的に「もう一度見たかった!」という格好が多いです。

——ポイントになりそうなシーンは?

【今野杏南】ベビーシッターになったという設定で、バスルームで撮ったところです。初めての長ズボン姿です。濡れる展開になるのですが、意外とエッチになるんだなと。

——ほかには?

【今野杏南】帽子をかぶっている水泳のシーンは、いままで見せたことがなかったので意外性があって面白いと思います。黒いビスチェ姿も妖艶でいい感じじゃないでしょうか。

——これでイメージ映像は卒業ですが、なにか感想は?

【今野杏南】作品をリリースしていなかったら、いまの自分はいないと思います。リリースを重ねてファンの方々に応援していただけたからこそ。人生の転機となる勝負でした。

——今後はどうしますか?

【今野杏南】お芝居をしたいと思っていて、日々勉強をしています。写真集?オファーを待ってます!(笑)

 雑誌のグラビアや写真集などを卒業するわけではない点に注目だ。演技の仕事もきちんとこなしていて、今秋に公開される映画「あゝ、荒野」(前篇・後篇)の両作品に出演。前篇は10月7日から、後篇が10月21からの公開で、8月27日に完成披露上映会も。「妄想マンデー」も生配信されているので、ぜひ視聴してみよう。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社