このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

監視カメラを最大活用できるNECとキヤノンMJの「ビデオマネジメントシステム導入セット」

映像管理と顔認証で、もう監視カメラの映像を無駄にしない

2017年08月31日 10時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オプションの顔認証やFieldAnalystで投資対効果をより実感できるシステムへ

 さらにビデオマネジメントシステム導入セットには、映像をより活用するためのオプションが用意されている。オプションの追加により、防犯用途での対象者検出を迅速に行なえるほか、店舗やイベントでの来場者をリアルタイムに分析するといった「攻めの活用」が実現する。

 オプションとして用意されているNECの顔認証ソフトウェアは、顔をキーとして高い精度で認証を行なうソフトウェア。顔の情報をデータベースに登録し、認証を行なったり、検出した段階で通知を行なうことができる。

 世界No.1のスピードと精度※3を誇るNECの顔認証技術をベースにしたNECの顔認証ソフトウェアとXProtect Expressを連携させることで、ライブ画像に顔認証された画像を映し出したり、録画映像から対象者をピンポイントで見つけ出すことが可能になる。録画した映像に対して、あとから顔認証をかけることもできるため、対象者の検出も迅速に行なえる。NECは昨年から顔認証を手軽に導入できる「顔認証システム導入セット」を投入しているが、XProtect Expressを搭載したビデオマネジメントシステム導入セットにより、さらに使い勝手が向上したと言える。

※3:米国政府機関主催のコンテストでトップ評価を獲得(http://jpn.nec.com/physicalsecurity/technology/facerecognition_technology.html)

 もう1つのオプションはカメラの映像からリアルタイムに人物を検出し、年齢や性別まで自動推定するNECの「FieldAnalyst」だ。単純な入場者、退場者の人数のカウントのみならず、客層データを手間なく収集したり、サイネージの視聴効果を測定することが可能になる。分析対象のデータは閲覧ツールでチェックしたり、Excelや、kintone(サイボウズ)などのクラウドサービス、あるいはBIツールなどにインポートすることで、詳細な解析まで行なえる。

FieldAnalystによる来店者の属性推定

 これらのオプションを組み合わせることで、今まで防犯用途のみを前提とした監視カメラのシステムは、見守りやマーケティング、おもてなしなどにも活用できる。投資対効果が見えにくいという監視カメラの問題点も解消できるわけだ。

 では、ビデオマネジメントシステム導入セットでは、どのような使い方が可能なのか? 次回は具体的な活用例について紹介していきたい。

※本製品によりカメラ撮影した特定の個人を識別できる画像データは個人情報に該当します。プライバシーに配慮するとともに、個人情報保護法その他の法令および規則、ガイドラインなどに沿ってご利用ください。

(提供:NEC)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

ピックアップ