このページの本文へ

ここでしか読めないネタの「連載」「特集」が満載!ASCII倶楽部情報局第257回

アスキースマホ総研・白書 第46回

ニンテンドースイッチも対応 最新モバイルバッテリーの選び方

2017年08月12日 18時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。有料の会員サービスですが、現在3日間無料キャンペーンを実施中です! 詳細は記事末尾をご確認ください。

 本日は、ASCII倶楽部で7月26日に公開した「ニンテンドースイッチも対応 最新モバイルバッテリーの選び方 」を紹介します。


容量は大きいほどいい? 仕様の違いはどう見る?
モバイルバッテリー購入時のチェックポイント

 モバイルバッテリーは、どこでもスマホを充電できる便利なアイテム。外出先でSNSやネット動画、ゲームアプリなどをよく利用するユーザーにとっては必須だ。また、近年ではワイヤレスヘッドフォンといった周辺機器や「Nintendo Switch」などのゲーム機を充電するためにも必須のアイテムとなっている。今回の特集では、お得かつ便利なモバイルバッテリーの選び方とオススメ製品を紹介していく。

モバイルバッテリーがあれば、外出先でスマホがバッテリーが尽きそうになってもすぐに充電できる

モバイルバッテリーの選択基準は重量と容量

 モバイルバッテリー選びで重要なのは、持ち歩きやすさを左右する「重量」と、スマホを何回ぶん充電できるかが決まる「容量」だ。

 店頭に並ぶ製品を見てみると、パッケージには「5000mAh」や「10000mAh」といった容量が記載されている。もちろん容量は多いほうがいいのだが、容量が多いほど重量も増えていく。

 スマホを1~2回ぶんフル充電できる5000mAhクラスの製品は120g前後と軽量なため、持ち歩いても重量はほとんど気にならない。だが、スマホを2~4回ぶんフル充電できる10000mAhクラスの製品では重量は200g前後、20000mAhモデルだと400g前後になり、持ち歩きの際の負担になっていく。購入する際は、充電回数と重さのバランスを考えよう。

まずはパッケージの10000mAhなどと書かれた容量をチェック。毎日の利用なら5000mAh、出張や旅行などでは10000mAhクラスがオススメだ
画像左から5000mAh、10000mAh、20000mAhモデルのモバイルバッテリー。容量によってサイズや重量が異なる

 スマホの充電回数だが、実際にモバイルバッテリーからスマホに充電できる容量は、バッテリー容量のおよそ60~70%ぶんとなる。なぜ少なくなるのかというと、USB端子を経由してスマホを充電する際に電圧の変換などで電力を消費するからだ。

 容量5000mAhのモバイルバッテリーで、iPhone 7(1960mAh)を充電する場合の例では、モバイルバッテリーの実質容量を60%で計算すると3000mAhとなる。つまり、5000mAhのモバイルバッテリーは「iPhone 7を1.5~1.6回ぶんフル充電できる」という計算になる。

 実際には充電中にスマホを操作していることも多いため、実際の使用感としてはスマホ満充電が1回ぶんちょっととなる。

 下の表は、上記の計算をもとにしたモバイルバッテリーの容量とスマホのおおよその充電回数だ。毎日1日1回ぶんの充電でよければ軽い5000mAhクラス、旅行や出張で移動する場合は、少々重たくても10000mAh以上の製品が便利なことがわかる。

 もうひとつの重要なポイントが充電速度だ。スマホを素早く充電するには、モバイルバッテリーの仕様として「出力が5V/1.8A(9W)」以上あると安定して急速充電できる。また、モバイルバッテリー自体を素早く充電するには「入力が5V/1.8A(9W)」以上かを確認しよう。


 続きは「ニンテンドースイッチも対応 最新モバイルバッテリーの選び方 」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定。いまならASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンを実施中! 詳細は下記をご覧くださいませ。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております!

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題!

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

この連載の記事

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1148(2017年10月17日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1147(2017年10月10日発行)

  • 週刊アスキー No.1146(2017年10月3日発行)

  • 週刊アスキー No.1145(2017年9月26日発売)

  • 週刊アスキー『2017 秋の超お買物特大号』-新iPhone大特集

  • 週刊アスキー No.1144(2017年9月19日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事