このページの本文へ

8月1日から発売中

セブン-イレブン圧倒的肉厚「ロースとんかつ弁当」厚さ15mmで食べごたえ

2017年08月02日 12時30分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
重量約1.2倍。大きい!

 セブン-イレブンは肉厚自慢の「ロースとんかつ弁当」を8月1日から発売しました。598円。販売エリアは茨城県、栃木県、群馬県を除く全国。

 従来のとんかつに比べて重量約1.2倍、厚さは約15mm。一枚一枚手作業で衣付けし、通常よりも低い温度で時間をかけて揚げることで、厚みがあっても柔らかに仕上げたとのことです。

 ソースは、畜肉系の旨味と香味野菜をベースに工場で煎りたてのごまの風味を閉じ込めたもの。とんかつとの相性が良さそう。

 東京都、千葉県、埼玉県(一部エリアを除く)、神奈川県ではハーブを飼料にした脂肪と赤味のバランスが良い「ハーブ三元豚」、他の地域では自家栽培の大麦を飼料にしたきめ細かな脂肪の「大麦三元豚」を使用と、エリアごとに別規格の豚肉を厳選している点も注目ですよ。



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!


ナベコ

おいしいものをひたすら食べる人。お酒も好き。グルメ連載やっています→「寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 人気記事「酒好き必訪!超コスパの神楽坂「塩梅」の日本酒飲み放題 」「アラサーが女子大生にまんまと成りすませるか試してみた」など。 Facebookやってます!

カテゴリートップへ

もぐもぐ動画配信中!