このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

最強ミラーレス一眼「α9」とお安くなった「α7II」、どっちを買うべきか!?第3回

きれいなボケと美しい暗所撮影……フルサイズ一眼で撮る写真の世界

2017年05月30日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 前回、「α7II」がお買い得であるという話をした。フルサイズの撮像素子を持つデジカメが欲しいならお買い得だと思うが、逆にフルサイズ機のなにがいいのかわからない、という人も多いと思う。

 今回はフルサイズ機で撮る写真は何がいいのか、解説していきたい。

背景が美しくボケる写真が撮れる

 フルサイズ機の最大の特徴が素子サイズ。35mm判と同じ大きさの撮像素子は、レンズの焦点距離の表記そのままの撮影範囲が得られる。

 普及機の一眼レフやミラーレス機が採用している撮像素子はAPS-Cサイズやフォーサーズサイズが多い。

左がフルサイズセンサー、右がマイクロフォーサーズのセンサー。これだけ大きさが異なる

 APS-Cサイズは35mm判と比較してほぼ半分、フォーサーズではほぼ1/4ほどになる。撮像素子の面積が小さいということはその分、レンズの焦点距離が短くなってしまう。

 35mm判で標準レンズと呼ばれるのは焦点距離50mmのレンズだが、APS-Cサイズ機で同じ画角で撮ろうとすると焦点距離は30mm前後になってしまう。フォーサーズ機では25mmだ。

 当然ながら30mmや25mmといったレンズは基本的に広角レンズに分類されてしまう焦点距離で、その分ピントの合う範囲、被写界深度が深い。

 そして、同じ絞り値で撮った場合に35mm判よりもピントの合う範囲が広くなる。

 製品撮影や風景などで、できるだけ絞らずにピントを深くしたい場合にはかなり重宝するのだが、最近の写真の傾向として「いかに背景をぼかしやすいか」というのが重要視されている。

 スマホやコンデジの写真に見慣れると背景が大きくぼけているだけでいい感じに思えてしまうのは仕方がなく、主要な被写体にピントが合っていて周りがボケていれば被写体が目立つし、余計な情報はボケて気にならなくなるのでパッと見でよく感じるのだ。

レンズ選びは結構重要!

「FE 24-70mm F2.8 GM」。コンパクトな「α7II」に装着してもかなりの重量感を感じる。外寸は最大径87.6mm、全長は136mm、重量は886gとα7IIよりも大きく重い。最短撮影距離は0.38mだ
 
「FE 85mm F1.4 GM」は中望遠レンズの代表的なレンズで、最大径89.5mm、全長107.5mm、質量は820g。やはりα7II並のサイズがある。最短撮影距離はAF時で0.85m、MF時で0.8m
「FE 85mm F1.4 GM」は中望遠レンズの代表的なレンズで、最大径89.5mm、全長107.5mm、質量は820g。やはりα7II並のサイズがある。最短撮影距離はAF時で0.85m、MF時で0.8m

 フルサイズ機を使うなら、ぜひとも大いにボケる写真を撮ってみたい。大きくぼけさせるにはできるだけ絞りを開けて撮りたい。

 それなら大口径のレンズがあったほうがいいということで、今回は標準域のズームレンズ「FE 24-70mm F2.8 GM」(希望小売価格は税別で27万8000円)と大口径中望遠レンズ「FE 85mm F1.4 GM」(同22万5000円)の2本で撮影をしてみた。

 キットレンズでは開放値がF3.5だったりF5.6など手軽なものが多いが、フルサイズ素子を楽しむならぜひともレンズにもこだわっていただきたい。

 FE 24-70mm F2.8 GMは24mmから70mmと常用しやすい焦点距離をカバーしつつも、ズーム全域で開放F値がF2.8と明るいのが特徴だ。

 2本ともα用のレンズとしては代表的なもので、プロ用途でも問題なく使える。むしろ、価格が高いのが最大の問題でありハードルかもしれない。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART