このページの本文へ

安定読み取りのための新機能も追加された「fi-7600/7700/7700S」

PFUの業務用スキャナ「fiシリーズ」、高速化したA3対応新機種

2017年04月20日 11時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PFUは4月20日、業務用イメージスキャナ「FUJITSU Image Scanner fiシリーズ」において、A3サイズの高速スキャンに対応した新製品3機種「fi-7600」「fi-7700」「fi-7700S」の受注を開始した。従来機種比で読み取り速度や原稿搭載容量を向上させたほか、給紙ミスや紙詰まり発生を低減する新しい給紙制御機能を追加している。

業務用イメージスキャナ新製品「FUJITSU Image Scanner fi-7600/fi-7700/7700S」の概要

 今回の新製品は、金融機関や医療機関、官公庁/自治体など幅広い業種/業務における、大量かつ多様な種類の紙原稿を集中的に読み取るニーズに対応する機種となる。

 新製品ではまず、確実な給紙を実現する給紙制御機能「インテリジェント・ピックアーム」を新たに搭載した。これはADF(自動給紙装置)からの給紙状態をセンサーで感知し、原稿にかける圧力をピックアームで調整する機能。これにより、給紙ミスの防止と紙詰まりの低減を両立している。

確実な給紙を実現する給紙制御機能「インテリジェント・ピックアーム」を新たに搭載

 また原稿読み取り速度が、従来製品比で1.1倍となる「毎分100枚/200面」に向上した(fi-7600/7700)ほか、一度にセットできる原稿搭載容量が従来比1.5倍の「300枚(A4原稿)」に拡大している。さらに読み取り中の原稿継ぎ足しも可能で、スピーディーで効率的なな読み取り作業ができる。

 fi-7700/7700Sでは、新たに「カバーオープンクロップ」機能も追加されている。これは、フラットベッド部分で原稿を読み取る際、カバーを開けた状態でも用紙サイズを自動検出し、原稿部分だけを切り取って傾きを補正、スキャンできる機能。製本された冊子の複数ページを連続読み取りする際などにも、カバーを毎回開け閉めする手間が省ける。

カバーを開けたままでフラットベッドでの連続読み取りを可能にする「カバーオープンクロップ」機能

 設置場所の柔軟さを高めるユニバーサルデザインも採用されている。本体の操作パネルを両側面に配置しており、オペレーターがどちら側からでも操作できるため、給紙しやすい向きで利用できる。加えて、fi-7700/7700Sでは上部のADF部が180度回転するようになっている。また、fi-7600は従来機種比で高さが30%低くなり、オペレーターが座ったままでも操作しやすくなった。

 そのほか、複数枚つづりの原稿に対応する「手差しモード」、原稿の破損を防止する「原稿保護機能」、原稿の傾き給紙を抑制する「斜行補正機能」、原稿サイズ混載時の自動給紙に便利な「左右独立可動サイドガイド」など、従来機種から継承した安定読み取りのための各種機能も備えている。

 本体価格(税抜)と出荷開始時期は、fi-7600が65万円で4月21日、fi-7700が90万円で5月19日、fi-7700Sが45万円で5月19日となっている。また「裏面インプリンタ」などのオプションも順次発売される。

カテゴリートップへ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ