このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す!第74回

格安SIMを選ぶその前に……デメリットを知っておく!

2017年04月13日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
格安SIM乗り換えは家電量販店では専用のカウンターを設けているところもあるので、不明点がある人はこういったところを利用するのも手だ
格安SIM乗り換えは家電量販店では専用のカウンターを設けているところもあるので、不明点がある人はこういったところを利用するのも手だ

 この春、新生活をはじめるにあたって格安SIMの契約を考えている人も多いかもしれない。また、2015年3月加入といった場合は4月が違約金なしで解約できる月のため、この機会に格安SIMに、という人も多いはずだ。

 純粋にインターネット接続という点だけなら、混雑時の速度以外はメリットしかないと言い切れる。しかし、付帯するサービスまで考えると、デメリットはあるし、格安SIMが合わない人もいる。

 格安SIMの連載ではあるが、格安SIMに移って「失敗した!」となる前に、事前にデメリットをよく確認しておいてもらいたい。これまでの経験から注意すべきデメリットの主なものを挙げる。

LINEの年齢認証ができるのは「LINEモバイル」だけ

LINEモバイルの年齢認証画面 LINEモバイルの年齢認証画面

 スマートフォンでよく使われるサービスのひとつが「LINE」。これが不可欠という人たちにとっては非常に重要なサービスだ。

 なかでも「友だち追加」の際のID検索が必要というのなら、格安SIMは「LINEモバイル」を申し込むしかない。

 ID検索は年齢制限がかかっており、大多数の格安SIMでは利用できない。ドコモ、au、ソフトバンクは年齢認証機能を持っており、その認証がされて利用者が18歳以上ということがわかればID検索が利用できる仕組みだ。

 そして、2016年に登場した「LINEモバイル」はLINEが運営するだけに、年齢認証が唯一利用できる格安SIMとなる。

 なお、LINEのID検索を利用しないというのであれば、どの格安SIMを使っても差はほとんどない

いわゆるキャリアメールは使えないと思ったほうがよい

 加入するとメールアドレスが付与される格安SIMは多いが、従来からの携帯電話で言うところのメールの区分はほぼ「パソコンなどのメール」になる。

 そのため、迷惑メール対策で「携帯・PHSのメールのみ受信」という設定をされると弾かれてしまい、そういった設定の人にはメールは届かない。

 さらに、一部のウェブサービスでは、登録に必要なメールアドレスのドメインが限定されており、そのドメインが3大キャリアと一部PHSに限定されているものがある。

 なかにはキャリアメールの設定の「携帯・PHSのメールのみ受信」でも認定されるはずの携帯・PHSのメールのドメイン、たとえば「UQ mobile」のアドレスなどでも登録できないサービスもある。

 こればかりは相手を説得したり、地道に要望を出して標準的なものにしてもらうしかないのだが、それができないなら、残念ながらキャリアメール用に契約を残すしかない。

 最低額の契約でキャリアメールを使う方法や、ほかの契約のキャリアメールをウェブメールとして格安SIMを挿入したスマートフォンや、PC、タブレットなどで扱う方法もあるので、どうしてもという人は検討してほしい。

 いずれにしても月額費用がかかることなので、格安SIM利用の費用メリットがある範囲でということになる。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART