このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第248回

バージョンは「1703」、OSビルドは「15-63.13」

Windows 10 Creators Updateを手動で適用する方法

2017年04月09日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

「Windows 10のダウンロード」から「今すぐアップデート」をクリックする

監視報告
Windows 10 Creators Updateを手動で適用する

 4月11日から配信される、Windows 10の大型アップデート「Creators Update」だが、すでに手動でダウンロードすることが可能。配信されるのもいつになるのか定かではなく、ユーザー全体に行き渡るには数ヵ月かかるとみられている。興味がある人は、時間のあるときにアップデートしておいてもいいだろう。

「今すぐ更新」をクリックする
互換性チェックがあるが、Windows 10が動作しているなら問題なし。「次へ」をクリックする
更新プログラムの準備が始まる

 マイクロソフトの「Windows 10のダウンロード」ページから「今すぐアップデート」をクリックして、画面の指示に従えばいい。利用しているPC以外のPCをアップデートする場合は「ツールを今すぐダウンロード」をクリックして、インストールメディアを作成しよう。

準備ができたら再起動する
デスクトップに「Windows 10アップグレードアシスタント」アイコンがあり、キャンセルしても再操作できる
再起動すると、アップグレードされる

 「今すぐアップデート」の場合は、データのダウンロード後、更新プログラムの準備がスタートする。しばらくかかるのでここは放置。他の作業をしていてもいい。準備が完了したら、PCを再起動する。自動的に30分で再起動されるので、作業中で困る場合などは「後で再起動する」をクリックしよう。「今すぐ再起動」をクリックすれば、すぐに再起動が始まる。

「終了」をクリックして完了
バージョン情報を確認すると、バージョンは「1703」、OSビルドは「15-63.13」になっている
確かに、スタートメニューの右クリックメニューからコントロールパネルが消えている!

 再起動後、アップデートが始まり、なんどか再起動しながら処理が進む。完了後は、初期設定画面がまた表示されるので、通常通り選択。しばらくすると、サインイン画面が開く。「設定」の「システム」→「バージョン情報」を開くと、バージョンは「1703」、OSビルドは「15-63.13」になっていた。


これでズバッと解決!

 マイクロソフトの「Windows 10のダウンロード」ページから「今すぐアップデート」をクリックして、画面の指示に従えばOK。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン