このページの本文へ

fast「ST-M2PCE4X」

カード形状のM.2対応SSD冷却アイテムがファストから

2017年03月24日 22時56分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ファストから、M.2対応SSDの冷却アイテム「ST-M2PCE4X」が発売された。PCI Express変換基板にヒートシンクを組み合わせた製品で、多数のショップで販売中だ。

PCI Express変換基板にヒートシンクを組み合わせた「ST-M2PCE4X」

 「ST-M2PCE4X」は、PCI Express変換基板とサーマルパッド、ヒートシンクで構成されるM.2対応SSDの冷却アイテム。似たようなコンセプトの製品としてはaquacomputer「kryoM.2 with Passive Heatsink」が発売済みだが、人気のため製品は完売状態。それに代わる製品として注目を集めそうだ。

マザーボード上のM.2スロットが空くという利点もある「ST-M2PCE4X」。ちなみにヒートシンクの細かいキズは仕様とのこと

 インターフェースはPCI Express x4。対応するM.2 SSDはType 2242/2260/2280形状で、冷却用ヒートシンク、サーマルパッド、取り付け用ネジ、フルサイズブラケット、ドライバーが付属する。

取り付けに必要なサーマルパッドやドライバーも付属する

 価格は2980円。パソコンショップアークやオリオスペック、ドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eXで販売中。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中