このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第227回

快適にフォルダを移動できる機能が隠されている

エクスプローラのアドレスバーを活用する方法

2017年02月19日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

フォルダの文字列をクリックする

調査依頼
エクスプローラのアドレスバーを活用する方法

 Windows 10のエクスプローラのアドレスバーは、単にフォルダ名を表示するだけではない。快適にフォルダを移動できる機能が隠されているので、覚えておこう。

その場所を一発で表示できる

 まずはフォルダ名をクリックする技。アドレスバーには、フォルダパスが独立して表示されているが、文字列をクリックすると、その場所を一発で表示できるのだ。2つ上のフォルダやドライブを手軽に開けるので活用シーンは多い。

フォルダの横にある「>」マークをクリックすると、中にあるフォルダ一覧が表示される

 フォルダの横にある「>」マークをクリックすると、中にあるフォルダ一覧がポップアップし、移動できる。フォルダを移動してからダブルクリックする手間が省けるので、身につけておきたい技だ。

フォルダパスをコピーしたいなら、アドレスバーを右クリックし、「アドレスのコピー」もしくは「アドレスをテキストとしてコピー」を選択する

 フォルダの場所を文字列としてコピーする場合は、右クリックメニューから操作するのが楽。アドレスバーを右クリックし、「アドレスのコピー」もしくは「アドレスをテキストとしてコピー」を選択すればいい。「C:¥data¥2017¥a01」のような文字列がコピーできる。

アドレス欄をクリックすると、フォルダの独立表示が解消され、フルパスで表示される

 アドレス欄をクリックすると、フォルダの独立表示が解消され、「C:¥data¥2017¥a01」のようにフルパスで表示される。とは言え、コピーするなら右クリックメニューからの方が楽だし、文字列を修正してフォルダを移動するよりは「>」マークをクリックした方が楽なので、あまり使うことはないだろう。


これでズバッと解決!

 フォルダ名をクリックすれば一発移動できる。「>」マークをクリックすれば、フォルダ感の移動も楽々


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART