このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第224回

夜間に自動起動させることもできる

ブルーライトを軽減する機能が、Windows 10 Insider Previewに!

2017年02月12日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

「設定」から「システム」→「ディスプレイ」を開く

監視報告
ブルーライトを軽減する機能がWindows 10 Insider Previewに!

 PCを作業する人用に、ブルーライトをカットするメガネなどが人気だ。ブルーライトをカットすると、目が疲れにくくなる、という意見があるためだ。例えば、iPhoneには、以前から「Night Shift」という機能が用意されており、夜間の利用時にブルーライトを軽減することができた。

 そんな機能が、Windows 10 Insider Previewにもお目見えしている。「Night light」という機能で、ディスプレイの青色表示成分を抑え、目に優しい色合いにしてくれるのだ。夜間や暗い場所での利用を想定しており、メニューは英語のままだがすでに利用できる。

「Night light」の設定画面を開き、「今すぐ有効にする」ボタンをクリックする
ブルーが軽減され、暖色系の色になる
色温度を調整することもできる。画面は一番赤くしたところ

 「設定」から「システム」→「ディスプレイ」を開くと、「Night light」という項目が追加されている。本来は、ここのスイッチをオンにすると、ナイトライトモードが有効になるはずだが、筆者の環境(Surface Pro 3)では動作しなかった。その下にある「Night light settings」というリンクをクリックすると、細かい設定画面が開く。続けて「今すぐ有効にする」ボタンをクリックすると、ブルーライトが軽減され、画面が暖色表示になる。「色温度」のゲージを動かすことで、画面の赤みを調整することも可能だ。

スケジュール機能で「Night light」を夜間に自動起動させることもできる
時間を手動で設定することも可能

 スケジュールを設定し、自動で表示色を変更する機能もある。「Schedule」をオンにし、夜間時間は自動的に有効にすればいい。時間を手動で設定することもできる。


これでズバッと解決!

 夜間や暗い場所でWindows 10を操作する場合は、「Night light」モードでブルーライトを軽減できる


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン