このページの本文へ

Tekwind「キーボードPC II」

あのWindows 10搭載キーボードPC最新作「キーボードPC II」が発売

2017年02月03日 23時17分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 タッチパッド付きキーボード一体型のWindows10搭載PCとして話題となった「キーボードPC」の後継モデル、「キーボードPC II」(型番:WKA-W10HBK)がテックウインドから登場。今日3日から販売がスタートした。

テックウインドから登場した「キーボードPC II」。バッテリーを内蔵したほか、搭載CPUもパワーアップしている

 初代「キーボードPC」からの最大の変更点はバッテリーを内蔵した点。リチウムポリマー6000mAhの内蔵バッテリー(充電時間は約7時間)により、ACアダプター不要で約6時間の連続駆動を実現した。

 さらに、搭載CPUは「Atom Z3735F」(1.33GHz)から、「Atom x5-Z8300」(1.44GHz)にパワーアップ。本体右に備えるトラックパッドも大型化し、操作性も向上した。なお、キーボードは82キー日本語独自配列で、Windows 10 Home (64bit) がインストール済み。

トラックパッドは大型化。リチウムポリマー6000mAhの内蔵バッテリーにより、重量は約560gとなった

 そのほか基本スペックは、メモリーDDR3L 4GB、ストレージにeMMC 32GBを搭載。ネットワーク機能は有線LAN×1のほか、IEEE 802.11 b/g/n無線LANとBluetooth 4.0、USB 3.0×1、USB 2.0×1、microSDスロット(最大64GB)を備え、インターフェースには映像出力としてHDMIとD-Subを備えている。

モニターやデジタルTVにつなぐだけで使える手軽さが魅力

 また、サイズは321.46(W)×115(D)×26.6(H)mm、重量約560g。電源はバッテリー駆動のほか、付属の15W ACアダプターを使用する。

 価格は2万6780円。パソコンショップアークやテクノハウス東映で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中