このページの本文へ

Tekwind「キーボードPC」

Windows 10搭載で約2万円のキーボード一体型PCが発売

2016年02月13日 21時42分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 テックウインドから登場したタッチパッド付きキーボード一体型のWindows10搭載PC、その名も「キーボードPC」(型番:WP004-BK)が発売された。TVや液晶ディスプレーにつなぐだけで、簡単に使用できる。

タッチパッド付きキーボード一体型のWindows10搭載PC「キーボードPC」

 「キーボードPC」は、小型のタッチパッドを備えたキーボードにPC機能を内蔵したもの。OSにWindows 10 Home(32bit)がプリインストールされているため、自宅はもちろん外出先でも気軽に使用できる。「Intel Compute Stick」を、そのままキーボードに搭載したといえばイメージしやすいだろうか。

サイズは287(W)×125(D)×26.5(H)mm、重量は約288g。PC機能が内蔵されているが、特別厚みがあるわけでもない
映像出力としてHDMIとD-Subを装備。キーボードに加えタッチパッドも搭載されている

 PCの基本スペックも「Intel Compute Stick」に準拠したものとなっている。CPUに「Atom Z3735F」(1.33GHz)、メモリー2GB、ストレージ32GBを搭載。ネットワーク機能は有線LAN×1のほか、IEEE 802.11 b/g/n無線LANとBluetooth 4.0 LE、USB 2.0×2とmicroSDスロット(最大64GB)を備え、インターフェイスには映像出力としてHDMIとD-Subを備えている。

 サイズは287(W)×125(D)×26.5(H)mm、重量約288gでカバンにも容易に収納できる大きさ。電源は5V/2AのACアダプターを使用する。
 価格は2万1384円。パソコンショップアークやオリオスペック、BUY MORE秋葉原本店、パソコンハウス東映で販売中だ。

価格は2万円強。なお、製品は初回流通分のみで終了するとされている

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社