このページの本文へ

ここでしか読めないネタの「連載」「特集」が満載!ASCII倶楽部情報局第65回

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典 第20回

「世紀の大失敗」を犯したHTCの改善施策 Oneシリーズ&Viveへの期待

2016年12月07日 18時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どうも。ちゅーやんです。
 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。有料の会員サービスですが、現在3日間無料キャンペーンを実施中です! 詳細は記事末尾をご確認ください。

 本日は、ASCII倶楽部で11月27日に公開した「『世紀の大失敗』を犯したHTCの改善施策 Oneシリーズ&Viveへの期待」を紹介します。


 Windows Mobile時代から多数のスマートフォンを手掛けてきた台湾のHTC。

 世界初のAndroid端末も同社の製品でした。高い技術と開発力を持つHTCのスマートフォンは、これまでに数々の名機を生み出してきました。

 前編ではODMとしてはじまり、ついにはAndroidスマホ初号機を出すメーカーになった同社の黎明期から、SNS特化型スマホを出すなどのチャレンジ期までにフォーカス。後編である今回は、現在の同社フラグシップ機の元となった「HTC One」シリーズの登場から現代までを振り返ります。

ラインナップを一新の「HTC One」、失敗を1年で成功に

 2012年2月、Mobile World Congress 2012に合わせてHTCは新世代スマートフォンを発表しました。それが「HTC Oneシリーズ」です。

 モデルはHTC初のクアッドコアCPU(Tegra 3)を搭載したフラグシップの「HTC One X」。HTC史上最薄という7.9ミリ厚ボディーの「HTC One S」。そして、本体下部を曲げたデザイン都市カジュアル感覚で使えるミッドレンジの「HTC One V」の3機種。

 ボディーカラーは黒と白ですが、One Xは白を大きくアピール、スタイルやファッション性をも追及した製品でした。

 0.7秒シャッターやTVへのワイヤレス出力など、新機能を追加するだけではなく、これまで「Desire」「EVO」「Sensation」など、複数の製品名を次々と登場させ、さらにはそのモデル名の下に統一されていない型番を付けたモデルが多数存在する、既存のラインナップを整理する目的もありました。

 HTC Oneシリーズで2012年のHTCは、新たなファン獲得と、既存ユーザーに対しても製品のわかりやすさを提供したのです。


 続きは「『世紀の大失敗』を犯したHTCの改善施策 Oneシリーズ&Viveへの期待」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定。いまならASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンを実施中! 詳細は下記をご覧くださいませ。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております!

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去3年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題!

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●以下のクレジットカードによるお支払いとなります。
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

この連載の記事