このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

注目のスマートグラスは家でもお役立ち

ながら映像視聴がはかどる!! MOVERIO BT-300で映像視聴を楽しむ

2016年12月16日 11時00分更新

文● 小山安博 編集○ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「MOVERIO BT-300」なら、ゴロ寝しながら動画を見るのもラクチン

「MOVERIO BT-300」なら、ドラマやアニメのながら視聴もOK

 自宅で何かしながらDVDやインターネット上の動画コンテンツやさまざまな情報を見られたら、時間を節約しながら趣味を楽しめるのに……。誰もが思う、そんなことを実現できるのが、エプソンのスマートグラス「MOVERIO BT-300」だ。

 「MOVERIO BT-300」は、視界の一部に映像やCGなどを表示するが、あくまでベースとなるのは現実の世界で「現実にCGが入り込んでくる」。いわゆる「AR」(Augmented Reality=拡張現実)を実現する製品だ。現実の世界が見えていることが前提なので、通常の生活をしながら、その視界には好きな映画や動画を表示できるわけだ。

「MOVERIO BT-300」

 「MOVERIO BT-300」のデザインはメガネそのもので、重量約69g(ヘッドセット部分)と軽量でコンパクトなサイズ。長時間装着していてもそれほど疲れず、違和感のない装着感となっている。鼻当ての部分もメガネに使われるようなシリコン製なので、長時間付けていても痛くならないこともメリットだろう。

鼻当ての部分もメガネに使われるようなシリコン製なので、長時間付けていても痛くならないメガネの“ツル”部分は内側に巻き込むようなデザインになっており、ラバーも配置されているためズレにくい

 メガネと同様に、グラス部分はシースルーで、装着した状態だと、そのまま外界を見ることができる。そこに、独自開発のシリコンOLEDディスプレイによる映像が表示されるのだが、その映像の美しさも大きなメリット。

 シリコンOLEDは、従来に比べて高輝度高コントラストながら、本体の小型軽量化が実現できるエプソン製のデバイスで、これによって「MOVERIO BT-300」がコンパクトになった上に、映像をより明るくより美しく表示できるようになった。「MOVERIO BT-300」のようなARスマートグラスの場合、現実の光景に映像などが浮かび上がるため、明るく、くっきりとした映像でないと見にくくなる。その点、「MOVERIO BT-300」はシリコンOLEDが大きな威力を発揮している。

 しかも、映像を見る場合、5m先なら80型相当、10m先なら160型相当、20m先なら320型相当の大画面で映像が見られるので、迫力が違う。20m先に320型相当のテレビを設置するというのは一般家庭では不可能なことなので、現実ではできないことを楽しめるのもメリットだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

『MOVERIO BT-300』のすべてを紹介!