このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」第166回

昨年好評だった「雪見もちもちカフェ」が復活

もちもち200% 雪見だいふくのカフェが夢見ごこちだった

2016年09月13日 18時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 もちもち~。ロッテアイス「雪見だいふく」の“もちもち”の世界観を表現した「雪見もちもちカフェ」が東京と大阪で同時に9月13日オープンしました。昨年東京・青山で開催した第1弾が好評だったのを受け、今回は2都市に拡大したということ。会期はいずれも9月24日まで。

うさぎがお出迎えしてくれる“もちもちゲート”

 雪見だいふくのCMキャラクターを務める土屋太鳳さんがプロデュースしたオリジナルメニューが食べられたり、東京・表参道店ではうさぎのテーマパークのような空間“もちもちゲート”が登場したりと、もちもち度がアップ。

 フードメニューは、ドリンク付きで各500円です。

「太鳳のつやつや雪見」

 「太鳳のつやつや雪見」。ヨーグルトホイップの上にハニーナッツ、寒天、ドライフルーツ、雪見だいふくを盛り付け。ヨーグルトホイップの下には砕いたバナナチップをしのばせていて、もちもち食感とバナナチップの歯ごたえの両方を楽しめるということ。

「雪見わらびもち」

 「雪見わらびもち」。きな粉をまぶしたわらびもちに雪見だいふくを合わせ、黒蜜と黒豆でトッピング。和を感じます。

「雪見なメロンパン」

 「雪見なメロンパン」。スライスしたメロンパンの間に雪見だいふく、フルーツ、ホイップクリームがサンド。メロンパンをまるまる食べられるので食べごたえたっぷり。

「まんまる雪見うさぎ」

 「まんまる雪見うさぎ」。2匹のうさぎをイメージ。みかんの入ったオレンジ寒天の上に雪見だいふくを盛り付けし、スライスアーモンドとチョコレートで耳と目を付けています。

「雪見チーズドーム2016」

 「雪見チーズドーム2016」。ハーフカットの桃の上に雪見だいふくをのせ、上からチーズソースをかけています。仕上げはフランボワーズやソース。

 それぞれ雪見だいふく1個を使用してアレンジしたメニュー。このほか、十五夜(9月15日)限定の「お月見雪見」、大阪限定の「雪見だいふくモナカ」などがあります。いずれも見た目がかわいい、食べてもちーっとおいしい。好きなドリンクもセットで500円というお手軽な価格もうれしいですね。

テーマパークのようなもちもち空間
お姉さんは白くてふんわり
メニューは500円均一でドリンク付き

 記者も、もちもち~っとなりたくて、オープン事前に開催された表参道店の内覧会にて雪見もちもちカフェを体験してきました。

 カフェの天内に入っていくと。「!?」 ピンクのトンネルが!!

 これぞ“雪見もちもちゲート”。表参道店限定です。

 うさぎさんがお出迎え。この雰囲気はディズ……とかピュー……のよう。そう、テーマパークのよう!

 ありがたいことに、うさぎさんはどこかしら親しみやすい素朴な雰囲気。カワイイ成分が少ない記者も素直に童心に戻ることができました。

 もちもちゲートの中で“もちもち顔”の写真を撮ってSNSにあげると、100円割引きになるということ。お得。

 もちもち顔とは、すなわち頬っぺたぷっくり。

 もちー、やきもちー、誰にー? なぜか真顔になってしまいました。

 ゲートを抜けると客席に。こちらが1階。ソファーが丸くて雪見だいふくのようです。

 オススメは2階。もちもちゆるーっとした空間で、寝そべっている人もいるほどでした。もち~~。

 クッションも雪見だいふくのようにもちもち。身体を預けるとめちゃくちゃ気持ちいいです。

 ここで天使のような店員さんが登場。制服が白くてふわっとしていてかわいすぎ。

 テーブルがこのように低い位置にあるので、店員さんはメニューを提供してくれる時にかがんでくれました。店員さんへの愛おしい気持ちでいっぱいになります。

 私が頼んだのは「まんまる雪見うさぎ」。目が少しつぶれてしまっているところも、愛嬌があってかわいい。

 もち~。各メニューに使われている雪見だいふくは1つなので、右側のウサギはフェイクです。ホイップクリームでできています。

 雪見だいふくいただきます。もち~、もち~、もちもち~。

 お腹が減っていたので「雪見なメロンパン」も食べました。フルーツがたくさんサンドされていて、見た目からして豪華。

 真ん中に挟まれているのが雪見だいふくですね。

 上の部分のメロンパン。まあ、普通のメロンパンです。

 普通といっても、ストロベリーのソースにディップして食べられるのがうれしい。

 容赦なく雪見だいふくにフォークを突き刺す。もち~、もち~、もち~。

 もちもちもち、おいしいもちもち! もちー、もちー、もちー。

 というわけで、どんどん語彙がもちもちになってきた記者でありました。ファンシーふんわりもちもち癒し。メニューの価格設定も手軽で盛況すること間違いありません。店内に入るには行列という困難があるかもしれませんが、なかなかできないもちもち体験ですよ。


●「雪見もちもちカフェ」東京・表参道店
住所:東京都渋谷区神宮前5-11-5 BA-TSU ART GALLERY内
期間:9月13日(火)~9月24日(土)
営業時間:11時~22時
提供メニュー:全7種 ドリンクとセットで各500円
※混雑が予想される場合は、整理券対応となる

●「雪見もちもちカフェ」大阪・阪急梅田店
住所:大阪府大阪市北区芝田1-1-2 阪急梅田駅2階中央改札内
期間:9月13日(火)~9月24日(土)
営業時間:11時~22時
提供メニュー:全8種 ドリンクとセットで各500円

■関連サイト


ナベコ

寅年生まれ、腹ぺこ肉食女子。特技は酒癖が悪いことで、のび太君同様どこでも寝られる。30歳になるまでにストリップを見に行きたい。Facebookやっています!

人気の記事:
酒好き必訪!超コスパの神楽坂「塩梅」の日本酒飲み放題 」「串カツ田中が100円均一なので、一番高い串を食べてきた」「アラサーが女子大生にまんまと成りすませるか試してみた」「“噂のダイソー100円ワインを飲んでみた

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧